Now Loading...

スレート瓦の屋根塗装について西宮市の専門家が解説します!

西宮市にお住まいの方で
「屋根の傷みが気になるので、業者を呼んで塗装をお願いしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

屋根塗装についての知識が無くて不安な方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方のためにこの記事ではスレート瓦の屋根塗装について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□スレート屋根とは?

屋根の種類は大きく分けて、屋根瓦・スレート屋根・金属屋根の三種類があります。
この記事ではストレート屋根について解説します。

スレート屋根の正式名称は「着色スレート瓦」と言います。
メーカーによってはカラーベスト、コロニアルと呼ばれることもありますが、どれも同じスレート瓦のことを指します。

細かく分類すると、「スレート」とは、セメントを主成分とし、繊維質を結合材とした屋根材のことです。
そして、「カラーベスト」は、ケイミュー社が製造する平形スレート屋根材のシリーズ名です。
最後に、「コロニアル」は、カラーベストの商品名のことです。

スレート瓦は厚さ4.5mmで、85%のセメントと15%の石綿で構成されています。
4.5mmというのは非常に軽いので、建物への負荷が少なく地震にも強いです。

また、色や形のバリエーションも豊富なので、近年では非常に人気の高い住宅建材となっています。
その一方で、寒冷地での使用には適していません。

次に他の屋根材と比較していきます。
カラーベストやコロニアルは、他の屋根材と比べると主に3つのメリットがあります。

1つ目が初期費用の安さです。
カラーベストやコロニアルは、他の屋根材に比べて価格が安く、施工にかかる時間も短いため、多くの住宅に適している屋根材と言えます。

2つ目が減震効果を持っており、地震による影響を受けにくいということです。
軽量な屋根材なので、和瓦に比べて建物への負担が少ないです。
屋根の重量が軽く、重心が低くなるため、地震時の建物への揺れが最小限に抑えられます。

3つ目が、他の屋根に比べてカラーバリエーションやデザインが豊富であることです。

次に、瓦屋根と金属屋根の細かい種類について紹介します。
まずは、瓦屋根で代表的な釉薬瓦といぶし瓦について紹介します。

釉薬瓦とは表面がガラス質になっていて水が浸透しにくく、長い間美観を保つ事ができるというのが特徴の屋根材です。
いぶし瓦とは日本に昔からある建材で、日本の建築に合うことが特徴です。
耐久性があるという点が二つの屋根材で共通しています。

次に、金属屋根で代表的なガルバリウム銅板と銅板について紹介します。
ガルバリウム銅板は非常に軽量なため、カバー工法などのメンテナンス時に使用されます。
銅板は非常に軽量で地震対策に優れています。

□スレート瓦の塗装の必要性とは?

スレート瓦は、定期的に塗装することをおすすめしています。
工場で塗装されて販売されるのですが、塗装の耐候性は7~10年程度で、10年を過ぎると耐候性や防水機能が失われてしまいます。

また、ストレート瓦の主成分であるセメントは水を吸収しやすいため、定期的に塗装で保護しないと、さまざまな形で劣化症状が現れてきます。

次にスレート瓦に起こる代表的な2種類の不具合について解説します。

まずは、変色です。
塗膜が劣化して防水性がなくなると、水を吸収しやすくなってしまいます。
このような状態のときは早めに再塗装するようにしましょう。

次が藻や苔の発生です。
スレート瓦自体に水分が溜まり、湿気が高くなると藻やコケが繁殖します。
発生した苔が放出する根酸がアルカリ性のセメントを中和し、スレート瓦を脆くしてしまうのです。
このような状態の時も早めに再塗装するようにしましょう。

先程述べたように、スレート瓦は定期的に塗装する必要があります。
一般的には、10~15年ごとに塗装するのが望ましいとされています。
しかし、10年も経てば、雨漏りや瓦の欠落が発生することもあります。

そのようなダメージを受けた後に屋根のメンテナンスをしようとすると、すでに屋根の交換やカバーが必要なほどダメージを受けている可能性があるので注意しましょう。
天井の雨漏りが起きていたり、瓦の滑落が起きていたり、棟板金に釘抜けがあるといった場合は早急にメンテナンスを行いましょう。

屋根に苔や藻が発生している、塗膜が剥がれている、瓦がヒビ割れているといった場合も早めにメンテナンスをしましょう。
そして、屋根が白くなっているという場合は2〜3年以内に塗装するようにしましょう。

□スレート屋根を塗装するメリット・デメリットとは?

この章ではストレート屋根を塗装するメリットとデメリットについてご紹介します。
メリットとしては大きく分けて3つあります。

まずは、防水機能が回復することです。
コケの発生、ひび割れ、欠けといった症状は、スレート屋根の塗膜が剥がれることによる防水機能の低下が原因です。
塗装し直すことによって、防水機能が回復します。

次は、他の方法に比べて安いということです。
使用する塗料や施工箇所にもよりますが、他の方法に比べて安いのが特徴です。
大まかな目安になりますが、塗装なら30万円~80万円程度、コーティングは70万~140万円、葺き替えは100万円~200万円で行えます。

最後は、美観が保たれるということです。
見栄えが悪くなった屋根を塗装することで、綺麗な新しい屋根に生まれ変わります。
また、屋根を別の色に塗ることで、イメージチェンジをすることもできます。

デメリットも同様に3つあります。

まず、屋根自体の寿命は伸びないということです。
塗装によって張られた塗膜は、ストレートの内部を保護し、劣化を防ぎます。

しかし、ストレート自体は永久不滅ではなく、経年劣化していきます。
塗装はスレートの寿命を延ばすものではなく、劣化を遅らせるためのものなのです。

次が、大きな損傷には対応できないということです。
塗装はあくまでも劣化を防ぐための手段です。

ひび割れや破損した屋根を塗装しても意味がありません。
状態に応じてメンテナンスが必要です。

最後が、他と比べて工事時間が長いということです。
雨漏りを防ぐために縁切りと呼ばれる作業も行います。
そのため、塗装や葺き替えに比べて時間がかかります。

おおよその作業期間は塗装に10日間、カバー工法に6日、葺き替えに8日かかります。

□屋根塗装をお得にする方法と注意点とは?

屋根塗装のために足場を組む必要があるのですが、一般的な20~30坪の家でも15万円ほどかかります。
また、外壁塗装にも足場が必要なのですが、屋根と外壁を同時に塗装することで、足場代を節約することができます。
足場を別々に組むとその都度コストがかかるので、塗装は一度に行うことをおすすめします。

最後に、注意点としてストレート屋根のDIYはおすすめしていません。
自分で屋根の補修や塗装ができると思っても、屋根に登るのは危険です。
また、材料選びのミスで予想外のコストが発生するリスクがあります。

他にもいくつかのリスクがあります。
まずは、転倒事故です。
2019年1月から12月の間に、建設業では13813人の死傷者が出ています。

そのうち、4736人が「墜落・転落」事故による死傷者で、そのうち102人が死亡しています。
このように、プロであっても事故が発生しているのです。

次が、屋根の劣化です。
塗装が正しく行われないと、屋根の劣化につながります。
よくある失敗のひとつに「縁切り」があります。

縁切りとは、塗装時に塗料で塞がった屋根と屋根の間に切り込みを入れる作業です。
これが正しく行われないと、雨漏りの原因となります。

最後がアスベストの吸引です。
アスベストは髪の毛の5000分の1の太さしかなく、肺に吸い込まれてしまいます。
アスベストは体内で分解することができず、中皮腫や肺がんのリスクを高めます。

スレート屋根の中には、アスベストが含まれているものもあります。
作業中にスレート屋根が部分的に破損すると、飛散したアスベストを吸い込んでしまいます。

□まとめ

この記事ではスレート瓦の屋根塗装について解説しました。
当社では西宮市を中心に外壁塗装や屋根塗装を行っています。
また、無料相談も受け付けております。
屋根塗装についてお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

タイトルデコレーション

対応可能エリア

エリアマップ

プロタイムズ阪神中央店の対応可能エリアをご案内します。
下記エリア外の隣接する地域も対応可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

兵庫県・西宮市・尼崎市・芦屋市・神戸市・伊丹市・宝塚市・三田市・川西市
大阪府大阪市(中央区・北区・住之江区・住吉区・城東区・大正区・天王寺区・平野区・旭区・東住吉区・東成区・東淀川区・此花区・浪速区・淀川区・港区・生野区・福島区・西成区・西淀川区・都島区・阿倍野区・鶴見区・西区)・箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東区・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・泉大津市・泉佐野市・和泉氏・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・河内長野市・岸和田市・泉南郡熊取町・泉南郡岬町・泉南市・泉北郡忠岡町・高石市・豊中市

LINEで
お問い合わせ
CONTACT TEL LINE