Now Loading...

屋根塗装を検討している方へ!断熱効果を持たせるべき理由を解説します!


「西宮市周辺で屋根の塗装を考えているが、知識が無くて困っている。」
「屋根に断熱効果を持たせるべきか悩んでいるので、メリットがあれば知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、断熱効果の概要とおすすめの断熱塗料についてご紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

断熱とは何か紹介します!

□断熱とは何か紹介します!

熱が伝導しにくい素材で覆い熱の移動を防ぐことで、保温効果を高めることを断熱と言います。
建物に断熱を施すと、外部からの熱が遮断されるため、外の気温が高くても室内を涼しく、また反対に外が寒い場合でも室内を温かく保てます。
場合にもよりますが、エアコンが通常よりも効きやすくなるため省エネに繋げることも可能になります。

断熱と似たような言葉に遮熱というものがあります。
意味を混同して捉える方も沢山いるのではないでしょうか。
似たような言葉でも意味は大きく違っており、断熱は熱の行き来を断つことを表し、遮熱は熱に変わる光を遮断することを意味します。
意味を混同しない様に注意しましょう。

外壁塗装に用いられる塗料の中にも断熱効果を持つ断熱塗料と遮熱効果を持つ遮熱塗料が存在します。
断熱塗料は、太陽が放った熱を塗膜にため込み、建物の内部に熱が伝わらないように働きかけます。
熱をため込むごとに塗膜の温度が上昇するため、温度の上昇を完璧に抑えるという効果はありません。
一方で、寒い冬場には温かい室内の空気を外部に逃がさずに、温かさを保つ効果があります。

対して遮熱塗料は、熱を生み出す原因となる太陽光を反射する効果を持っているので、屋根の温度上昇を抑えます。
一方で、断熱塗料のような保温効果がないため室内が冷たくなってしまう可能性があります。
断熱と遮熱を上手く組み合わせることで、夏場は涼しく、冬場は暖かい室内環境を作れます。
建物のどの部分に断熱・遮熱効果のある材質を取り入れるべきか慎重に考えて家づくりを行いましょう。

□断熱塗料のメリット・デメリットを解説します!

断熱塗料には、大きなメリットがある一方でデメリットも存在します。
今回は、メリットを4点、デメリットを2点紹介します。

1つ目のメリットは、夏冬問わずに室内の温度を快適に保ってくれることです。
夏は、強い日差しの影響で室内温度が一気に上昇する場合がありますが、断熱塗料があれば温度の上昇をある程度抑えられます。
冬は、暖房で温めた室温を外に逃がさず部屋に留めてくれます。

2つ目は、節電効果があることです。
断熱効果があるので、夏は冷房を、冬は暖房の使い過ぎを予防できます。
冷暖房の使い過ぎを防ぐことは、環境にプラスの影響を与えられることに加え、光熱費を削減することにも繋がります。

3つ目は、外部からの騒音を小さくできることです。
外部から聞こえる車のクラクションや話し声に嫌気がさした経験のある方が多いのではないでしょうか。
複数のセラミックで覆われている断熱塗料は表面が分厚くなっているので、他の塗料よりも効率よく音を跳ね返せます。
外部からの騒音に加え、外部に漏れて欲しくない内部の音漏れも防いでくれます。

4つ目は、結露の発生を抑えられることです。
家の内部と外部の温度差が大きいと結露が発生しやすくなりますが、断熱塗料を塗装していれば温度差が小さくなるため、結露が発生しにくくなります。

続いてデメリットを紹介します。
1つ目は、一般の塗料に比べて価格が高いことです。
断熱塗料を使用する際は初期費用が高くなります。
しかし、耐用年数が15年から20年程と長いため、長期的なスパンで考えると安価なシリコン塗料やウレタン塗料を使用するよりも費用が安く抑えられる場合があります。

2つ目は、断熱効果を実感できない場合があることです。
理由としては2つあります。

1つ目は、室内温度が上昇する原因は多岐に渡るため、原因が断熱塗料で解決できる範囲に無ければ効果を生めないからです。
2つ目は、住宅に断熱材が使用されている場合は、既に断熱性能が高くなっているため効果が重複する可能性があるからです。

断熱塗料は、「屋根の材料が金属系である建物」「屋根の真下にリビングがある建物」「断熱性能が備わっていない、もしくは低い状態の建物」に対して大きな効果を発揮します。
季節を問わず効果を発揮できるため、かなり有能な断熱塗料ですが、住宅環境によっては効果が発揮できない場合もあります。
実際に使用する場合は、自宅の現状を前もってよく確認してからにしましょう。
現状を確認する際は、住宅診断がおすすめです。

□おすすめの断熱塗料について紹介します!

大きく3種類の断熱塗料について紹介します。
1つ目は、キルコという株式会社シンマテリアルワンが売り出している塗料です。
この塗料には3つの特徴があります。

1つ目は、高い遮熱性と断熱性を備えているため、室内温度の維持に大きく貢献できることです。
2つ目は、15年以上の耐久年数を持っているため、非常に長持ちすることです。
3つ目は、伸縮性が高く、熱によって伸びたり縮んだりする金属屋根に適していることです。

加えて、キルコはトップコートを塗ると通常よりもツヤ感が出ます。
併せて、耐久性がより高くなるという特性もあります。

2つ目は、ガイナという株式会社日新産業が売り出している塗料です。
この塗料は数多く存在する断熱塗料の中でもシェア率が最も高く、屋根に加えて室内や外壁にも使用できるという特徴があります。
また、遮音効果や消臭効果、遮熱効果や結露を防ぐ効果も併せ持っているため、様々な場面に合わせて使用できる柔軟性が魅力の商品です。
この商品は施工が難しいため、使用したい方は業者に依頼することをおすすめします。

3つ目は、ロハスコートという株式会社OKUTAが売り出している塗料です。
この塗料は伸縮性に強みを持ち、気温によって動きが出る金属屋根に追随できるので、ひび割れが起きにくい点が特徴的です。
トップコートを塗るとツヤ感を出せる点も魅力の一つです。
費用が高く付きますが、美観を長く維持したい方や、耐久性を重視する方には非常におすすめです。

□断熱塗料を購入する際の注意点を解説します!

先程紹介したガイナの様に、業者からの評価が高い塗料がある一方で、断熱塗料の中にはセールス時に誇張表現が頻繁に使われるものもあります。
断熱塗料というだけあって効果があるのは確かです。
しかし、断熱材のような本格的な断熱工事と比較すると、どうしても効果が薄くなってしまうという現状を予め理解するようにしてください。

塗料を販売する業者の中には、サーモグラフィー写真を用いて、塗料の効果で家の温度が下がったと言い張る業者もいます。
しかし、分かるのは表面温度が下がったという事実だけで、実際は家の内部の状態がどのように変化したかまでは確認できていません。
この例の他にも、工場を例に挙げたり、鉄板を用いて断熱効果を示したりする業者がいますが、説明される内容を鵜呑みにしない様に気を付けてください。

断熱塗料を購入する際の注意点を解説します!

□まとめ

ここまで、西宮市周辺で屋根の塗装に関心のある方に向けて、断熱効果の概要とおすすめの断熱塗料についてご紹介してきました。
お客様の理解は深まったでしょうか。
断熱塗料と遮熱塗料を上手く組み合わせることで、居住環境を快適なものに変えられます。
お客様の住宅状況に合わせて取り入れることをおすすめします。

 

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約