Now Loading...

スレート屋根には屋根塗装が必要不可欠です!


「屋根塗装を検討している」
「スレート屋根には屋根塗装は必要なのかな」
このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。
今回は、スレート屋根には屋根塗装が必要なのか解説します。

そもそもスレート屋根とは?

□そもそもスレート屋根とは?

スレート屋根とは、軽さと耐震性に優れた建材のことです。
正式名称は「着色スレート瓦」といいます。
85パーセントほどがセメントでできており、残りの15パーセントが石綿で構成されています。

厚さは4.5ミリメートルほどしかなくとても軽量で、建物への負荷が小さいので、地震対策としたとても優れた建材です。
色や形の種類が豊富なので、近年では非常に多くの住宅で使用されています。
しかし、寒さに弱い点がデメリットで、寒冷地の住宅では使用できません。

屋根は住宅の一番上にあるので、屋根が重すぎると建物全体のバランスが崩れてしまい、地震などの大きな揺れに建物が対応できなくなってしまいます。
例えば、屋根にセメントや瓦などの建材を用いた場合、非常に重くなってしまい耐震性が落ちてしまう危険性があります。

その反面、スレート屋根はとても軽いので、建物全体のバランスを保てて、地震が発生しても倒壊などの発生を防止できます。
地震の多い日本では、スレート屋根は非常に適した建材であると言えるでしょう。

また、スレート屋根には塗装メンテナンスが必要不可欠です。
そもそも、屋根塗装は美観のために行っていると認識する方もいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。

スレート瓦は、85パーセントのセメントと15パーセントの石綿でできています。
スレート自体には本来防水性がなく、生産段階で初期塗装を行って防水性を付与されています。
そのため、スレート瓦の防水性は表面の塗装によるもので、塗装が切れてしまうタイミングで塗装メンテナンスを行う必要があります。

□スレート屋根の塗装メンテナンスについて解説します!

スレート屋根には塗装メンテナンスが必要であることは先ほど説明しました。
屋根自体の劣化が進んでしまうと塗装の効果が薄くなってしまうので、定期的に塗装を行う必要があります。
塗装は8年から10年を目安に行うと良いと言われています。

スレート屋根に必要なメンテナンスは、主に以下の通りです。

・ひび割れ補修
・色あせの改善
・耐久性の向上
・環境汚染の防止

スレート屋根はとても薄いので、少しの負担だけでも簡単にひびが入ってしまいます。
スレート屋根に塗装を行うことで、できてしまったひびを埋めて補修することができます。

スレート屋根には色あせしやすいという特徴があります。
早い場合では、7年ほどで色あせが目立ってしまうケースがあります。
定期的な塗装を行うことで、色あせを防げます。
きれいな色合いを維持することで、家の外観を良く保つことができ、上品な印象を持たせられます。

スレート屋根はひびが入りやすいだけでなく、割れやすい性質を持っています。
塗装後の塗膜の劣化が進み乾燥してしまうと、さらに割れやすくなってしまいます。
スレート屋根を塗膜でしっかりと覆うことで、破損しにくく丈夫なスレート屋根に仕上がります。

20年から30年前のスレート屋根には、成分の中にアスベストが含まれている可能性があります。
スレート屋根の傷んだ部分からアスベストが浮遊してしまう危険性があります。
定期的に塗装メンテナンスを行うことで、アスベストの浮遊を抑えられます。

また、アスベストを含んだスレート屋根を撤去したほうが良いと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、解体したり撤去したりする際に、アスベストが必要以上に浮遊してしまうのでとても危険です。
そのため塗装でアスベストを浮遊させにくくする方が、環境を汚染させにくいのです。

□スレート屋根のメンテナンスのタイミングとは?

*耐久年数を参考にする

スレート屋根表面の防水性が落ちてしまうのは、8年から10年が目安とされています。
そのため、最後に塗装を行ってから10年以上が経過している場合、メンテナンスをすべきタイミングです。
10年というのはあくまでも目安に過ぎないので、製品や住んでいる環境に大きく左右されます。

*劣化症状を確認する

屋根の劣化症状を確認することで、塗装メンテナンスのタイミングを見極めることもできます。
主に以下の症状がある場合、メンテナンスを検討しましょう。

・色あせ
・カビや藻の発生
・塗膜の剥がれ
・瓦の割れ

劣化症状を確認するときは、屋根に上らないようにしましょう。
足を踏み外したり滑ったりすると、大事故につながってしまいます。

建設業のプロでも年間で5000件ほどの転落事故が発生しています。
そのうち、死亡災害につながった事例は130件もあるので、素人にはどれだけ高所が危険な場所かがわかるかと思います。
劣化症状等を確認する際には、必ず地上やベランダなどから見える範囲で確認するようにしましょう。

*プロに依頼する

地上やベランダからでは、うまく確認ができない場合がありますよね。
その場合、無理をして自分で確認するのではなく、プロに依頼をするのが最も安全で確実性が高いです。
自分だけの知識ではメンテナンスが必要か判断が難しい場合でも、塗装のプロであれば確実に見極めてくれます。

多くの塗装会社では、「診断」や「現地調査」と呼ばれるサービスを提供しています。
診断とは、実際に屋根に上って確認してもらい、塗装メンテナンスの必要性を確認してもらったり、かかる費用を教えてもらえたりします。
メンテナンスが必要かどうか悩んでいる方は、一度相談してみると良いでしょう。

西宮市周辺で屋根塗装をお考えの方は、お気軽に当社にお問い合わせください。
当社の専門家が全力で皆様をサポートいたします。

□スレート屋根の塗装費用はどのくらい?

スレート屋根の塗装費用は、使用する塗料によって異なります。
それぞれの塗料の特徴と費用をよく検討してから塗装をすると良いでしょう。
一般的に広く使われているのは、シリコン系塗料とウレタン系塗料です。

シリコン系塗料は、1平方メートル当たり2000円から2500円ほどが相場です。
汚れを弾きやすいので、防汚性に優れている点が特徴的です。
耐用年数は7年から10年ほどですが、住宅の場所や環境、気候によって大きく変動します。

ウレタン系塗料は、価格単価は1500円から2000円ほどで、柔軟で防水性が優れています。
耐用年数は5年から7年ほどです。

それぞれ価格単価や耐用年数に違いがあるので、一概にどちらを選べば良いというわけではありません。
ウレタン系で安く済ませる方法もありますが、塗装の際には足場を組む必要がありそのたびに費用がかかってしまいます。
それぞれの塗料の性能や特徴をよく理解して、予算やご自身の住宅に合った塗料を選択しましょう。

そのほかには、遮熱塗料や光触媒塗料などがあります。
特に遮熱塗料は、価格単価は3500円から5000円と高めですが、その分屋根表面の温度を15度から20度ほど下げてくれます。
夏の間の冷房効果や省エネ効果が期待できるので、近年注目されている塗料の一つです。

スレート屋根の塗装費用はどのくらい?

□まとめ

今回は、スレート屋根には屋根塗装が必要なのか解説しました。
スレート屋根の塗装の必要性について理解していただけましたか。
本記事を参考にしていただければ幸いです。

西宮市周辺で屋根塗装を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。
当社の専門家が全力で皆様をサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 10:00〜18:00 (定休日 土曜・日曜・祝日)
お問い合わせ
CONTACT TEL