Now Loading...

外壁塗装で火災保険は利用できる?適用するための手順や条件を紹介します!


外壁塗装はお金がかかるので、できれば安く済ませたいと思っている方がほとんどでしょう。
実は、火災保険を適用することで外壁塗装を安く済ませられる場合があります。
ですが、全ての外壁塗装に火災保険が適用できるわけではありません。
外壁塗装工事に火災保険を適用するためには、いくつか知らなければならないことがあります。
火災保険を適用するための手順や条件を詳しく解説していきます。

火災保険の種類にはどんなものがある?

□火災保険の種類にはどんなものがある?

火災保険にはさまざまな種類があります。
最も一般的なものが、住宅火災保険です。
火災保険と言っても、火災だけを補償するのではなく、落雷、破裂、爆発のような災害に対しても補償がなされます。

住宅火災保険ではカバーし切れない部分を補償してくれるのが、「住宅総合保険」と呼ばれるものです。
住宅を傷つけるのは、決して自然災害だけではありません。
その他にも、飛来物の落下、車の衝突やデモ、そして盗難によって起こった被害を補償してくれます。

そんな住宅総合保険の補償内容に加えて、鍵の紛失や水回りのトラブルにも対応してくれるのが「オールリスクタイプ」の保険です。

その他にも、住宅金融支援機構から融資を受け住宅を購入した場合に加入する「特約火災保険」というものもあります。

店舗や事務所用の火災保険もあります。
店舗や事務所、そして工場の損害に備えるための「普通火災保険」と、建物の補償だけでなく什器や備品なども補償してくれる「店舗総合保険」の2つがあります。
「店舗総合保険」は店舗・事務所のみが対象です。
これらの保険のいずれかに加入していれば、外壁塗装を無料で受けられる可能性があります。

□外壁塗装に火災保険が適用されるための条件は?

台風や竜巻、突風などによって外壁が傷ついてしまったという場合、補償が受けられる場合があります。
例えば、木や石などが外壁にぶつかってサイディングが損傷してしまった場合、屋根に物が当たってスレートが損傷してしまった場合、雨戸が飛ばされたり窓ガラスが割れてしまったりした場合などが挙げられます。
保険の内容によっては竜巻が対象外であるなど、細かな規定がある場合も多いで、しっかりと加入している火災保険の内容を確認しておきましょう。

落雷も火災保険を受けられる代表的な自然災害です。
落雷によって屋根の一部が壊れてしまった、雷によって火災が発生し、結果的に住まいに損害が生じた、といった事例が挙げられます。
ほとんどの火災保険が落雷を補償していますが、これは落雷によって発生した火災などの補償も含んでいます。

雨や雪なども補償の対象となることが多いです。
大雨による浸水、土砂崩れなどで外壁が腐ってしまうことも少なくありません。
また、雨樋があまりの重さに耐えかねて破損してしまうケースもあります。

雪の場合はもっと深刻です。
雨樋だけでなく、屋根自体が重みで破損してしまったり、雪の塊が外壁に当たって外壁が傷ついてしまったりする場合もあります。
災害のうち、雨によるものは「水災」、雪によるものは「雪災」、雹によるものは「雹災」と言います。
契約内容をもとに、何が補償されるのかを確認する様にしましょう。

人為的な損害であれば、火災保険が適用される可能性が高いです。
人為的損害の例として、野球のボールが直撃して窓ガラスを割ってしまった、車がぶつかって門が壊れてしまったというケースがあります。

□火災保険の申請手順は?

まず、加入している保険がどの種類の火災保険であるかを確認しましょう。
保険の種類によって補償範囲は異なります。
「保険が適用されないとは知らなかった」という事態を防ぐためにも、しっかりと確認しておきましょう。

続いて、外壁塗装を行う会社に連絡します。
これは、外壁の損害状況を調査してもらうためです。
調査してもらった後は、見積書を作成してもらいましょう。
見積書がない場合、保険が下りない可能性があります。

見積もりが終了したら、申請書類を作成します。
保険金の請求に必要な書類は、保険金の請求書、自己の報告書、そして修理箇所の工事見積書です。
書類作成は塗装会社が代行してくれる場合もあるので、確認してみると良いでしょう。
また、保険会社から損害のあった部分の写真を提出するよう求められる場合があります。
忘れず撮影する様にしましょう。

書類を提出したら、保険会社によって現地調査が行われます。
損害鑑定人という専門家が状況を直接確認した上で、保険会社がその内容を精査するという流れになっています。
この全ての工程を終了すると、保険会社が保険を適用できるかできないかを判断し、適用できれば保険金が支払われます。

ただし、保険金の支払い時期は申請手続きとタイムラグがあるため、塗装工事の入金の後に保険金が支払われるというケースもあります。
その場合、入金を待ってもらうか、自分で立て替える必要があるので注意してください。

□火災保険を使う場合の注意点は?

まず、利用した火災保険がその災害に対応しているかを確認してください。
特に、水災に関してはほとんどの火災保険で対応していないことが多いため、注意が必要です。
また、リフォームの工事費用が、自身で負担しなければならない免責金額を下回っている場合は、当然ですが保険金は支払われません。
免責金額は1万円から20万円を超えることもあり様々です。
事前に確認しておきましょう。

また、日常の雨風ではなく災害によって被害を受けている必要があります。
そもそも外にさらされている外壁が雨風で経年劣化していくのは当たり前のことなので、火災保険は適用できません。

そして、最も重要なのが時期の問題です。
火災保険では、被害を受けてから3年以内であれば、保険金を請求できます。
これは、会社や保険のプランによって変わるものではありません。

ただし、時間が経ってからの申請になると、鑑定会社が被害状況について調べづらくなり、保険が適用される可能性が下がってしまいます。
なるべく早めに行動することを心がけてください。

□火災保険が適用されない時はどうする?

火災保険が適用されなかった時は、気持ちを切り替えて出来るだけ施工費用を抑えるようにしましょう。

費用を抑える方法で最も手っ取り早いのが、塗料のグレードを下げることです。
塗料は含まれている樹脂の成分によってグレードがかかります。
少しだけグレードを下げれば、費用も抑えられます。
もちろん、グレードを下げた分塗料の耐久性は落ちてしまうので、注意して選ぶようにしましょう。

外壁塗装を安く済ませるもう一つの方法は、屋根塗装と同時に行うことです。
外壁塗装工事は、人間には届かないところも足場を組んで塗装するため、ペンキの費用や人件費だけでなく、足場の設置費用、そしてその他の経費がかかります。
屋根塗装のような足場を組まなければならない工事を同時に済ませてしまうことで、かなりの費用を抑えられます。

火災保険が適用されない時はどうする?

□まとめ

外壁塗装をお考えの皆さんに、外壁塗装の費用を少しでも抑える方法についてご紹介しました。
日本は地震も多く、災害によって外壁に不具合が生じることは少なくありません。

外壁に損傷が生じたら、自分の加入している火災保険を確認し、早めに塗装会社、保険会社に連絡するようにしましょう。
外壁を損傷したまま放置することは、家全体の劣化に繋がります。
外壁塗装について聞きたいことがある方は、遠慮なく当社にご相談ください。

 

 

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約