Now Loading...

屋根の錆止め塗料はどう選ぶ?選び方から塗装の手順までご紹介!


屋根のメンテナンスは、家の美観と機能を維持する上で非常に重要です。
特に、屋根材が金属である場合、錆びの問題は避けて通れません。
錆を防ぐためには、適切な錆止め塗料の選択と塗装方法が重要なポイントとして挙げられます。
この記事では、錆止め塗料の基本から実際の塗装方法まで、解説します。
屋根のメンテナンスは、一度で終わるわけではなく、定期的に実施する必要があるため、事前に錆止め塗装の知識を押さえておきましょう。

見出し

□錆止め塗料の基礎知識!効果と特徴とは?

屋根のメンテナンスにおいて、錆止め塗料の適切な選択と使用は重要なポイントです。
錆止め塗料は、屋根や外壁の金属部分を錆から保護し、美観と機能を維持するための重要な役割を果たします。

*皮膜形成による保護

錆止め塗料の最大の特徴は、金属表面に強固な保護層を形成することです。
この保護層は、水分や酸素のような錆の原因となる要素から金属を隔離して、直接的な腐食を防ぎます。
この皮膜により、金属は長期間にわたってその強度と美観を保てます。

*化学的防錆

錆止め塗料には、錆の進行を遅らせる化学成分が含まれていることも。
錆止め塗料に含まれる化学成分は、金属の表面での化学反応を抑制し、錆の形成を防ぎます。
これにより、錆の発生を初期段階で阻止することが可能になり、長期にわたる金属の保護が実現できます。

*耐久性と性能

錆止め塗料は、一般的な塗料と比較して高い耐候性を備えています。
さまざまな気象条件下での効果を長持ちさせて、数年にわたる耐用年数を保証するためには、欠かせません。
屋根や外壁に使用される錆止め塗料は、日々の過酷な環境にさらされる部分を守るため、その耐久性は特に重要です。

*コスト面での効果

錆止め塗料の使用は、長期的な観点から見るとコスト効果が高いです。
初期投資としては通常の塗料よりもコストがかかる場合があります。

しかし、錆止め塗料を塗布することで耐久性は高まります。
これにより、頻繁な塗り替えの必要が減り、結果的に総コストを抑えられることは、大きな特徴です。

□トタン屋根に最適な錆止め塗料

トタン屋根は、その軽量さや耐震性、経済性から多くの家屋で採用されています。

しかし、トタン屋根はサビに弱いという大きな欠点も持ち合わせています。
適切な錆止め塗料を選ぶことで、トタン屋根の長寿命化と保護を図れます。
では、トタン屋根に最適な錆止め塗料とは何なのでしょうか。
4つのポイントから確認しましょう。

1:トタン屋根の特性理解

トタン屋根は軽量で耐震性に優れ、設置が容易ですが、錆や腐食に対しては弱い特性があります。
一度錆が発生すると、急速に劣化が進んで穴が開いたり、雨漏りの原因になることも。
被害を防ぐためには、錆を効果的に防ぐ錆止め塗料の選択が重要です。

2:適切な錆止め塗料の選択

トタン屋根に適した錆止め塗料は、高い浸透性と密着性を持つものが理想です。
特に変性エポキシ樹脂系のサビ止め塗料は、トタンの凹凸にしっかりと密着し、サビの進行を防ぐのに効果的です。
また、耐久性に優れていることから塗膜のムラが少なく、均一な仕上がりを実現できます。

3:耐候性と環境対応

トタン屋根は外部環境の影響を直接受けるため、耐候性の高い塗料が求められます。
また、環境への影響を最小限に抑えるために、低VOCや水性の塗料を選ぶことも重要です。
これらの塗料は環境に優しいだけでなく、作業時の安全性も高めます。

4:劣化状態に応じた選択

トタン屋根の現状を確認し、劣化の度合いに合わせた塗料を選ぶことも重要です。
サビが進行している場合や、穴が開いている場合は、特に高い防錆性を持つ塗料を選ぶ必要があります。
また、塗装前の下地処理も錆止め塗料の効果を最大化するために欠かせません。

□実践!トタン屋根の錆止め塗装手順

トタン屋根のメンテナンスにおいて、適切な錆止め塗装手順を踏むことは、耐久性を向上させて美観を長持ちさせるキーポイントです。

1:準備作業

準備作業では、作業の安全を確保することが重要です。
適切な保護具(安全靴・手袋・マスク・安全帯)を装着し、足場やはしごを確実に設置します。

合わせて、天候の確認を行います。
塗装作業は天候に左右されるため、雨や強風の日は避け、適度な温度と湿度の条件下で作業をしなければなりません。

2:高圧洗浄

次に、洗浄作業のフェーズに移ります。
トタン屋根にこびりついた汚れや苔、既存の塗膜の剥がれ等を高圧洗浄機で洗い流します。
この作業は、新しい塗料の密着を良くするために欠かせません。

3:ケレン作業と塗布前の準備

ケレン作業を行うことで、錆の除去をしていきます。
サンドペーパーやワイヤーブラシを用いて、錆や古い塗膜を丁寧に取り除きます。
この作業は塗装の密着度を高めるために重要です。

ケレン作業と合わせて行うのが、塗料の塗布前の準備です。
表面に微細な傷をつけることで、塗料の密着をより良くします。
特に、錆の進行が顕著な部分には重点的に行います。

4:錆止め塗料の塗布

ケレン作業後、均等に錆止め塗料を塗布します。
塗料は均一に広がるように、ローラーや刷毛を使用して丁寧に塗ります。
塗料の種類によって異なりますが、通常、塗布後は適切な乾燥時間を確保しなければなりません。

乾燥させている間は、雨や埃が付着しないように注意しましょう。

5:中塗り・上塗り

錆止め塗料が乾燥した後、中塗りを行います。
中塗りは、更なる保護層を形成し、耐久性を高める目的で行うものです。
中塗りが十分に乾いたら、最終的な外観を決定づける上塗りを行います。
この層は、色彩や光沢を付与し、美観と保護の両方を実現します。

6:定期的な点検とメンテナンス

塗装作業が完了しても、定期的な点検と必要に応じたメンテナンスは欠かせません。
特に気候の厳しい地域や樹木の多い場所では、定期的な清掃や小修繕が必要になることがあります。

□色で選ぶ!錆止め塗料の色選びの4つのポイント

1:上塗り塗料との相性

上塗り塗料の色との相性は、色選びの基本です。
濃い色を使用する場合、下塗りの錆止め塗料の色はあまり問題になりません。

しかし、淡い色を使用する場合は、下塗りで使用する色が上塗りに影響を与える可能性があります。
例えば、白やベージュなどの淡い上塗り塗料を使用する場合、下塗りに明るい色を選ぶようにしましょう。
下塗りを明るい色にすることで、仕上がりの色のクリアさを保てます。

2:地域の特性と調和

屋根の色は、住んでいる地域の気候や文化的特性に合わせることも重要です。
例えば、雪国では雪とのコントラストを考えた色選びが必要です。
また、歴史的な建物が多い地域では、周囲の景観に溶け込む色を選ぶことが望ましいでしょう。

地域の特性を理解し、周囲の環境と調和する色を選ぶことで、美しい外観を実現できます。

3:遮熱効果を最大化する色

特に夏の暑い地域では、屋根塗装で遮熱効果を重視することが増えています。
この遮熱効果を最大化するためには、反射率が高く、太陽の熱を反射する明るい色の塗料が有効です。
例えば、白や明るいグレーなどの色は、夏の日差しを反射して屋内の温度上昇を抑えるのに役立ちます。

また、環境に配慮した遮熱塗料を選ぶことで、省エネ効果も期待できます。

4:屋根の外観と全体の調和

最終的には、家全体の外観と屋根の色が調和することが重要です。
外壁の色や素材、周囲の景観とのバランスを考慮して屋根の色を選ぶことで、全体として美しい外観を作り出せます。
例えば、外壁が暗めの色の場合、屋根も同系色でまとめることで、統一感のある美しい外観が実現します。

見出し

□まとめ

屋根のメンテナンスには、適切な錆止め塗料の選び方と塗装手順が欠かせません。
特に、トタン屋根の場合は、サビ防止のために特定の塗料選びと塗装手順が必要です。
また、色選びにおいても、上塗り塗料との調和や地域・気候、遮熱効果を考慮するようにしましょう。
屋根の健康を守るために、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。
西宮市周辺で屋根塗装をご検討中の方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR

https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

プロタイムズ西宮店・尼崎塚口店(株式会社DOOR)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

プロタイムズ西宮店・尼崎塚口店(株式会社DOOR)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店プロタイムズ西宮店・尼崎塚口店(株式会社DOOR)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年・3年・5年・7年・10年の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

住宅塗装ネットワーク4部門1位 住宅塗装ネットワーク4部門1位
無料相談0120-99-8258
営業時間:9:00~20:00
お問い合わせ

簡単30秒

来店予約

クオカードプレゼント