Now Loading...

屋根に使う塗料の色を考える際に押さえておきたいポイントを解説

「屋根の塗り替えを計画しようと思っているが、色が与えるイメージや組み合わせも難しいし不安。」
「せっかくならおしゃれな色に変えたいと考えているけれどもよくわからないな。」
何年も暮らし続けていると、住宅の劣化が気になりますよね。
屋根は、見える部分でもあるので、色にこだわりたいという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、おしゃれな雰囲気といってもあまり感覚がつかめないものでしょう。
見え方を工夫するには、色の組み合わせなどに注意していくことが大切です。
今回は、屋根塗装における色の選び方の基本として、考える際の注意点や組み合わせなどについてご紹介します。

□屋根の色を考える際に気を付けたいポイント

屋根の色を検討するときに注意しておきたいのは、周りの風景との調和・面積効果・色あせなど住宅の雰囲気についてです。
それぞれについて詳しく説明していきましょう。

*周りの風景から目立ちすぎないかということ

リフォームで屋根の色を変えるとなると、ご自身の好きな色にしようとお思いになるかもしれません。
もちろんそれでも構わないのですが、周りから見える場所であるということを注意しておきましょう。
奇抜な色は、鮮やかさを演出する一方で、周りから目立つことがあります。
近隣に家があった場合には、その地域から浮いた雰囲気となって苦情につながることも少なくありません。
余計な揉め事を避けたいのであれば、周りの風景に違和感のないような色合いにするのがおすすめです。
また、地域によっては、景観を保護するために特定の色を使えないことがあります。
こちらについては、ご自身が周りの目を気にするかどうかにかかわらず、規則に則らなければなりません。
ご自身がお住いの地域がどのような条例を定めているのかといった情報も仕入れておきましょう。

*面積効果で実際とは見え方が異なるかもしれないこと

見積り時や相談の際には、どのような色にするかを決めるためにサンプルを見せてもらうかもしれません。
その時に、実際と見え方が異なるかもしれないことを押さえておきましょう。
実は、小さいものは色素が凝縮している関係で色が濃く見えてしまうのです。
また、屋根に日光が当たることによっても雰囲気は異なってきます。
結果として、思っていたのと違ったという失敗につながる可能性があります。
工事の前に見せてもらうサンプルの色が実際とは異なるかもしれないことを押さえておきましょう。
選びたいと思った色の数段階明るいものを選ぶことも、失敗を防止するために有効な手段です。
また可能であれば、塗装の前に試し塗りをされることがおすすめです。
優良な業者であれば快く引き受けてもらえるでしょう。
日光の当たり具合や明るさによって変わる雰囲気を、予め把握しておくと想像しやすいでしょう。
これは外壁においても同じことが言えます。
サイディングの工事などを同時に行う際にも参考にしていただけると幸いです。

*汚れや色あせによって雰囲気が変わってくること

屋根というのは、住宅の中でもダメージを受けやすい場所です。
雨が定期的に降り続け、風を受ける面積も大きいです。
そのため、気付かないうちに汚れや色あせといった現象が生じるのです。
たとえば、明るい色の素材を使うと、汚れが付いたときに目立ってしまいますよね。
また、鮮やかな色を使うと、色あせが生じたときに大きく雰囲気を損なってしまうかもしれません。
色を決める際には、そういった劣化のリスクも踏まえることが大切です。
また、塗料の中には耐久性に優れたものも存在します。
価格の相場は高めですが、何度も塗り替えるよりは長期的な費用を抑えられるでしょう。
見積もりを通して、そういったつり合いを踏まえて検討してくのも良いかもしれません。

 

□実際にどのような色が人気なのか?

屋根に使われる色というのは様々な種類があります。
その中でも特に人気のものを三つほどご紹介しましょう。

*ブラック系

ブラック系統は言うまでもなく、重みのある落ち着いた雰囲気となります。
一番の特徴は汚れが目立たないということです。
なかなか掃除が行き届かない場所であるからこそ、汚くは見えないようにしたいですよね。
ブラックの系統にはいくつかの種類があります。
たとえば、暖色系のブラックにすると、重厚感の中にあたたかみを含められるでしょう。
また、濃い黒色の場合には、さらに深みのある高級感を生みだせます。

*ブラウン系

暖色系の色は家そのものがあたたかい雰囲気となります。
中でもブラウン系統は、コクのある仕上がりが特徴です。
目立ちはしないものの地味にもならないおしゃれな感じを楽しめるでしょう。

*グレー系

ブラックにするとあまりにも重い印象になるとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そういったときには、比較的に暗さを押さえたグレー系統を選ぶのも良いでしょう。
若干色が薄いことで軽さを与えられます。
汚れがそれほど目立たないという特徴は残しつつも、太陽の熱を吸収しにくくなることも期待できそうです。

 

□色の組み合わせのテクニック

同じ色で統一することもあれば、いくつかの組み合わせるということありますよね。
その際には、どのような組み合わせにすればいいのかお悩みの方もいらっしゃると思います。
ここでは、おすすめの方法をいくつかご紹介しましょう。

*薄めの同じ系統の色でまとめる

色の組み合わせで無難なのは、同じ色でまとめるという方法です。
対照的な色を組み合わせる場合は、色合いが鮮やかに感じるでしょう。
しかし、周りから見えるものである以上、時には目立ちすぎるということもあるかもしれません。
なかなか変えられるものではないからこそ、揉め事は避けたいですよね。
トラブルを避けるためにも、外壁などと同じ系統にすることで、落ち着いた雰囲気にしましょう。
一体感も出ますので、奇抜な印象を受けにくいです。
見積もりを依頼する際に業者の方に相談されても良いかもしれません。

*ツートンカラーを採用する

単に同じ色で塗るのはつまらないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
また、外部から見える場所であるからこそ、新鮮な雰囲気にしたい方もいらっしゃるでしょう。
その際におすすめなのが、ツートンカラーの採用です。
特に外壁で用いられているものですが、二色を使って、半分ずつで塗り分けるという方法となります。
ある部分は一つ目の色、別の部分は違った色とすることで、一味違った印象を与えられるでしょう。
気分を変えるという意味では一番効果的な方法です。

*タイルを使って色を付ける

塗り替えというよりは一部分だけを修理したい場合もあるでしょう。
また、屋根の見た目にアクセントを加えたいということもあるかもしれません。
その際には、タイルを使って違う色を付けるという方法もあります。
質感も変わるので、よりおしゃれな雰囲気になることも期待できるでしょう。

□まとめ

今回は、屋根塗装における色の選び方の基本に関連して、考える際の注意点や組み合わせなどについてご紹介しました。
色を選ぶ際には、周りの風景との調和・面積効果・色あせや汚れに注意を払うようにしましょう。
また、組み合わせを考える際には、同系色でまとめる・ツートンカラーの採用・タイルを使うといった工夫がおすすめです。
どのような色であっても、特徴があります。
ご自身がどのような見た目の家にしたいのかということを踏まえて、納得できる色を選びましょう。

==================
西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
==================

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

タイトルデコレーション

対応可能エリア

エリアマップ

プロタイムズ阪神中央店の対応可能エリアをご案内します。
下記エリア外の隣接する地域も対応可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

兵庫県・西宮市・尼崎市・芦屋市・神戸市・伊丹市・宝塚市・三田市・川西市
大阪府大阪市(中央区・北区・住之江区・住吉区・城東区・大正区・天王寺区・平野区・旭区・東住吉区・東成区・東淀川区・此花区・浪速区・淀川区・港区・生野区・福島区・西成区・西淀川区・都島区・阿倍野区・鶴見区・西区)・箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東区・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・泉大津市・泉佐野市・和泉氏・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・河内長野市・岸和田市・泉南郡熊取町・泉南郡岬町・泉南市・泉北郡忠岡町・高石市・豊中市

お問い合わせ 0120-99-8258