Now Loading...

尼崎市T様邸の棟瓦積み替え工事・外壁塗装を行いました。既存外壁はモルタル壁です。使用塗料はアステックペイント『超低汚染リファイン』を使用いたしました。


ビフォーアフター

工事詳細

ハウスメーカー
施工箇所屋根棟板金積み替え・漆喰補修・瓦交換・外壁塗装・付帯部塗装・波板交換
外壁塗装上塗り:アステックペイント 超低汚染リファイン1000Si-IR
下塗り:アステックペイント ホワイトフィラーAⅡ
屋根塗装施工なし
付帯部塗装縦樋・横樋塗装・庇・換気フード塗装・屋根壁取合い金・雨戸
使用色外壁:8091 ブロークンホワイト
  :8083 ベイジュ 
コーキング工事樋・手摺足元、庇廻り、換気フード廻り・波板と壁の取り合い
工事期間2021年12月1日~2021年12月24日
ご依頼のきっかけ
(お悩み事)
雨漏れ

工事写真

高圧洗浄

高圧洗浄を行います。

外壁塗装工事では、塗装前(塗料を塗る前)に、高圧洗浄機を使用して、高圧の水で外壁に付着した汚れや傷んだ旧塗膜などを洗い流します。

▼外壁塗装の高圧洗浄で洗い流すもの
・汚れ(砂、ホコリ、雨筋汚れ など)
・傷んだ旧塗膜 (はがれた塗膜、チョーキング など)
・コケ・藻・カビ など

コーキング工事

樋・手摺足元、庇廻り、換気フード廻り・波板と壁の取り合い などのコーキングを充填していきます。

雨漏れ防止対策やひび割れ防止対策の為にコーキング工事を行います。

モルタル外壁はひび割れが起こりやすため、ひび割れ補修でコーキングを使用する事もあります。

屋根棟瓦積み替え&漆喰補修

棟瓦を全ておろし、漆喰を補修し、棟瓦を綺麗に積み替え致します。

瓦屋根の場合、台風などの影響で棟瓦などが歪んでしまったり、瓦に物が当たって割れてしまうばあいもあります。

そのまま放置をしていくと雨漏れを引き起こしてしまったり、割れた瓦が落ちてきてしまう事態にもなりかねません。

屋根は自分で確認するのが難しいと思います。

現状を把握するためにも専門店の方に現場調査の依頼を行う事をお勧めいたします。

外壁塗装

「ホワイトフィラーAⅡ」で下塗りを行います。

フィラーは外壁の微細なひび割れ、凹凸や段差、ピンホール(表面の細かな穴)がある場合、表面を平滑にしたり穴
を埋めるために使用します。

「超低汚染リファイン1000Si-IR」で中塗り、上塗りを行います。

この塗料は汚れにくく、汚れが付着しても塗膜と汚れの間に雨水が入り込み、汚れを洗い流す「セルフクリーニング機能」を持ち、長期間美しい外観を保つことが期待できます。

また、遮熱性、耐候性も備えており、耐久年数も機能性も申し分ありません。

付帯部塗装

縦樋・横樋塗装・庇・換気フード塗装・屋根壁取合い金・雨戸 などの付帯部塗装を行います。

付帯部塗装は必要ないと考えられている方もいらっしゃいますが、足場が組まれる外壁塗装工事中にしかメンテナンスが出来ない箇所も多くあります。

また、外壁がきれいに生まれ変わると、ほとんどの方が追加工事として付帯部塗装をお願いされる事が多くございます。

ぜひ一緒にメンテナンスを行う事をお勧めいたします。

使用塗料

今回使用した塗料の搬入写真と空缶写真です。

御見積書に記載されている塗布缶数をしっかり使い切ります。

外壁塗装における塗布量とは、塗布する(塗装する)塗料の量のことです。

塗布量は、各塗料メーカーが塗料製品ごとに明確に規定しています。
外壁塗装をする際、職人は塗料を目分量でなんとなく厚く塗り重ねているわけではありません。塗料メーカーが塗料製品ごとに定めた塗布量を守って塗り重ねているのです。

もしも各塗料メーカーが定めた塗布量を守らずに外壁塗装をすれば、塗装品質に問題が生じる可能性が大きいです。

最後に

下塗りの重要性!!

下塗り塗料は、傷んだ外壁への「塗料の吸い込み」を止める役割も果たします。

新築から10年以上が経った外壁には大小様々なひび割れや欠損があるのですが、荒れてしまった表面はスポンジのように塗料を吸い込んでしまうので、上塗り塗料の機能を十分に発揮させ長持ちさせるために必要な「厚さ」をつけることが出来なくなってしまいます。その結果塗装面に色や艶のムラが発生してしまい、見栄えが悪くなるばかりか、塗装が薄くなっている箇所に不具合が発生する可能性があります。

下塗り塗料を使うことで、傷んだ外壁に塗料が吸い込まれるのを防ぐことができるため、上塗り塗料が外壁に吸い込まれることなく、色ムラ・艶ムラのない仕上がりにすることが可能なのです。

ただ、下塗り塗料の使用量が十分でないと、下塗り塗料が外壁に吸い込まれてしまい上塗り塗料が密着しなくなってしまいます。そのため外壁や屋根の劣化が激しい場合は、下塗り塗料を2回塗るなどの対策が必要なのです。

塗料のカタログにも劣化が激しい場合は下塗りを2回塗りしましょうなどの文言がございます。

また、下塗り材も外壁材により変わってきます。自分の家にあった下塗り材を使用してもらいましょう。

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っております。

ご興味のある方はお気軽にお申し付けください。

塗替えイメージサンプル

2018424101851.jpg

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて (来店の場合は要予約)

相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

【株式会社DOOR】      総合リフォーム工事

【プロタイムズ阪神中央店】   塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム 

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約