Now Loading...

西宮市K様邸 屋根は「スレート瓦」、外壁は「木目調サイディング」をアステックペイントの超低汚染塗料で塗装しました!


ビフォーアフター

工事詳細

ハウスメーカー
施工箇所外壁塗装 屋根塗装
外壁塗装上塗り:アステックペイント 超低汚染リファイン1000MF-IR / 耐用年数20~24年(10年保証)
下塗り:アステックペイント エポパワーシーラー
屋根塗装上塗り:アステックペイント 超低汚染リファイン500MF-IR / 耐用年数20~24年(10年保証)
下塗り:アステックペイント サーモテックシーラー
付帯部塗装日本ペイント ファインシリコンフレッシュ / 耐用年数10年
使用色外壁:9015 オールドローズ
屋根:8077 ヤララブラウン
コーキング工事 サッシ廻り 外壁目地 破風 帯板 樋 笠木 庇 換気フード 樋受 ドレン 玄関前柱
工事期間 2022年1月19日~2022年2月9日
ご依頼のきっかけ
(お悩み事)
定期メンテナンス

施工写真

<高圧洗浄>

まずは、塗装前に高圧洗浄機を使用して、汚れや傷んだ旧塗膜、苔・カビなどを洗い流します。

仮に高圧洗浄をせずに塗装してしまうと外壁や屋根に不要なもの(汚れ、旧塗膜、苔、カビなど)が付着したままとなり、下地と塗料との密着性が弱くなってしまいます。また塗りムラが出来てしまうなど、せっかくの塗装がキレイに仕上がらない可能性が大きくなりますので、洗浄はしっかり行っていきます。

 

 

<コーキング工事>

上の4枚は外壁の目地のコーキング、下の4枚は窓のサッシまわりのコーキングを打ち替えている写真です。

施工方法は、古いコーキング材を撤去し、コーキング用の下塗り材を塗布します。そのうえに新しいコーキングを充填していきます。

 

ひびの入ったコーキングを放置すると、ひび割れた箇所から雨水が侵入し続け、外壁材にもしみ込んでしまいます。

雨漏れにつながる可能性もありますので、外壁塗装をされる際には、コーキング工事も同時に施工されることをおすすめします。

 

 

<屋根塗装>

サーモテックシーラーで下塗りをします。下塗り材は、下地と上塗り材の密着性を高める接着剤のような役割と、上塗り材が下地に吸い込まれないよう防いでくれる効果があります。

次にタスペーサーを挿入します。

タスペーサーはスレート瓦を塗り替える際に使用される道具です。水の通り道を作り、雨を適切に流すことによって、スレート瓦を塗り替える上での問題点である、”雨漏りのリスク”を格段に抑えてくれます。

もしくは、塗料が乾燥した後に皮すきなどで瓦の隙間を切り、水の通り道を確保する「縁切り」も同様の効果が期待できます。

続いて中塗り・上塗りを行います。 塗料はアステックペイントの超低汚染リファイン500MF-IR です。

この塗料は汚れが付きにくいだけでなく、防カビ性・防藻性、弾力性、遮熱性がある多機能塗料となっており、美観性を長く保ちたい方におすすめです。

<外壁塗装>

屋根同様、下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りを行います。

エポパワーシーラーで下塗りをし、超低汚染リファイン1000MF-IRで中塗り・上塗りを行いました。

 

 

<軒天井塗装>

軒天井も外壁と同じ9015オールドローズで塗装しました。

<破風塗装>

破風とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。そして、そこに取り付けられている板のことを破風板と言います。

破風板は、屋根に雨水が侵入するのを防ぎ、防火性を高め、雨樋の下地になるなど家を守る大事な役割を果たしています。屋根や外壁と一緒にメンテナンスされることをおすすめします。

<雨樋塗装>

雨樋によく使われている塩化ビニル樹脂は、紫外線や風雨で劣化しやすいため塗装で保護してあげましょう。

<帯板塗装>

鉄製の付帯部は、ケレン作業で下地を平らにし、錆止めを塗ってから中塗り・上塗りを行います。

<庇塗装>

鉄部は放置すると錆が進行して穴が開いてしまう事もありますので注意しましょう。

<水切り金物塗装>

水切りとは、外壁と基礎の間に取り付けられている金物のことをいいます。

こちらも鉄製ですので、ケレン・錆止め・中塗り・上塗りを行います。

<ベランダ防水>

戸建てのベランダ防水の耐久年数は5~10年と言われています。

外壁塗装をする際など足場がある時に一緒にメンテナンスするとコストも抑えられるのでおすすめです。

<使用塗料>

今回使用した塗料の搬入写真と空缶写真です。

御見積書に記載されている塗布缶数をしっかり塗り切ります。

もし、御見積書に『何缶』使用するのか記載がない場合は塗装工事が失敗になってしまう可能性があるため、担当者に確認しましょう。

最後に

初めての塗装を行おうと思っている方必見!!

初めての塗装を検討されている方でよく陥ってしまう例が「相見積もりの取りすぎ」です。

業者選びを慎重にし過ぎるあまり、相見積もりを取りすぎて選択肢が多くなり過ぎてしまい、結果として選ぶことができません。最終的に「価格のみ」の判断になったり、「営業担当者の印象が良かった」といった根拠の無い決定をしてしまうことが起きてしまうのです。

相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを提出してもらい、価格や諸条件を比較することをいいます。相見積もりをとることで、業者による価格差や納期の違いなどを確認できるため、より良い条件で契約することが出来ます。

また、違う会社の営業担当者からそれぞれの意見を聞くことが出来、業界の相場感もわかることが出来ます。塗装業者を比較、検討し、信頼できる塗装業者を見極めるためには、確かに必要であり、1社だけの見積もりで判断することは良くありませんが、取り過ぎもまた必要以上に迷ってしまう原因となり、逆効果になってしまいます。ご自身が信頼できると思った業者、2~3社に絞って、見積もりを依頼されることをオススメします。

塗替えイメージサンプル

2018424101851.jpg

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて (来店の場合は要予約)

相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

【株式会社DOOR】      総合リフォーム工事

【プロタイムズ阪神中央店】   塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム 

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約