Now Loading...

外壁工事の回数を減らしたい‼塗装の耐用年数を伸ばすためには?


みなさんは外壁塗装のメンテナンスをしっかりと行っていますか?
一般に、塗装の耐用年数は約10年と言われています。
しかし、今のご自分の家に住み始めてから10年以上経過しているにもかかわらず、外壁塗装をそのままにしているという方は多いのではないでしょうか。
 
メンテナンスを怠っていると、外壁塗装の剝がれた部分が見つかったり、外壁の汚れが気になってきたりします。
 
しかし、10年ごとに塗り替えるのもお金と労力がかかってしまいますよね。
そうなってくると、より耐用年数を伸ばしたいと思う方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装を依頼する際に外壁塗装の耐用年数を伸ばす方法についてご説明したいと思います。
 
◆外壁塗装の耐用年数は?
外壁塗装の耐用年数は塗料の種類によって大きく変わってきます。
また、塗料の種類でも製品によって少しずつ変わってきますが、大まかに言うと、
アクリル塗料の耐用年数が5年ほど、
ウレタン系塗料5~8年ほど、
シリコン塗料10~15年ほど、
フッ素系塗料15~20年ほどになっています。
 
こうして、見ていただくとよく分かると思いますが、シリコン系塗料やフッ素系塗料は耐用年数が長いです。
まず、外壁塗装を依頼される前には、自宅の外壁塗料を確認してみましょう。
 
もしかすると、現在ご自宅の外壁塗装に使われている外壁塗料は、耐用年数を大幅に超えているかもしれません。
また、外壁塗装を依頼される際の1つの基準として使うことができると思います。
 
◆外壁塗装の耐用年数を伸ばすには
多くの外壁塗装業者が塗装をする際には、必ず汚れを落とす高圧洗浄を行っています。
この工程をしっかりと行っていると、塗装をする際に塗料と壁の間にゴミが入らずにしっかりと密着するので、塗装が剝がれて落ちにくい状態になります。
ですので、高圧洗浄をしっかりと行っているか確認することが大切です。
 
◆塗装の劣化がしやすい場所としにくい場所によって塗る回数を変える
外壁塗装は紫外線・雨・風・砂ほこりといったことが原因で劣化していきます。
例えば、紫外線を最も受けやすいのは家の屋根です。
こういった部分には、他の場所とは違って塗る回数を多くすることや他よりも耐用性の高い塗料を使うことで他よりも塗装の耐久性を高めることができます。
 
 
ここまで、外壁塗装の耐用年数を伸ばす方法についてご紹介してきました。
外壁塗装は住宅を長持ちさせるために必要なことではありますが、費用や労力のことを考えると、何度も行うのはできるだけ避けたいですよね。
 
外壁塗装をお考えの際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。