Now Loading...

雨漏りの対策と原因について二つに分けてご紹介|兵庫県の外壁塗装業者より


窓枠や天井からの雨漏りに悩んでいらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
住宅において雨漏りが発生してしまうと、特に雨の日などには放っておくわけにもいきませんし、心身ともにお疲れになることでしょう。
こういった悩みを予防または解決に繋げるために、今回は雨漏りの原因についてご紹介していきます。
 
 

[劣化による雨漏り]

屋根の材質にも、他の材質と同様に寿命があります。
特に新築に使われる屋根の材木は「コロニアル」と呼ばれていて、コロニアルは経年の雨・風により、劣化が進みます。
雨や大気中から水分を吸収して、湿潤状態となり、最終的にコロニアルは水を通すようになってしまいます。これが直接の原因で雨漏りが発生するのです。
 
また、他にも屋根の材質として使用される「日本瓦」は、経年の劣化により割れやすくなってしまいます。
その他、劣化が原因で雨漏りが進むものとして、「金属屋根」が挙げられます。
 
このようにして、屋根に使われる材木は経年使用されると劣化が進み、その材質の強度が下がり、雨漏りにつながってしまうのです。経年の劣化は、いわば避けられない雨漏りの原因です。
 

[施工不良による雨漏り]

施工の不良による雨漏りの原因としてまず一つ目に考えられるのは、屋根の部材の連続性を損ねていることです。
もちろん屋根は一続きの大きな部材を使い、屋根に被せるのではありません。
 
複数の部材を連続して重ね合わせることにより、屋根を完成させます。
こういった屋根の部材と部材の間に隙間があることで雨漏りの原因になる可能性が出てきます。
なぜこういった事態が起こってしまうかというと、工事施工者同士のコミュニケーション不足です。
 
次に考えられる原因として「縁切り」を行っていないことが挙げられます。縁切りとは、屋根の内側に浸水して溜まってしまった水を排水するための屋根瓦と屋根瓦の間にある隙間のことです。こういったことを行わなければならないということを知らない業者による施工が原因です。業者の人の経験や知識が不足している場合に起こってしまうことが多いです。
 
 
 
以上、雨漏りが起こってしまう原因について二つに分けてご紹介しました。一つには、経年の劣化が原因のものでした。
次にご紹介したのが、施工の不良による雨漏りです。
施工の不良による雨漏りが発生してないためには、経験や知識または実績の豊富な業者に外壁塗装を委託することが最大の対策と言えるでしょう。
 
弊社株式会社DOORでは、経験や知識の豊富なプロによる外壁塗装の施工を実施しております。弊社は雨漏り対策の施工に関しては自信があります。
←こちらは弊社が雨漏り対策に強い理由について詳しく示したページになります。ご参考にしていただければ幸いです。