Now Loading...

住宅の色の違いによるメリット・デメリットとは|兵庫県外壁塗装業者の解説


外壁塗装をお考えの方で、どういった色の外壁に仕上げようか迷っている方はいらっしゃいませんか?
施行に必要となる費用が多い外壁塗装において、失敗したくないですよね?
そこで今回は、失敗しない外壁塗装を実現するために、外壁の塗料の色によってそれぞれどういった効果があるのかについて、説明していきたいと思います。
 
 

[白・黒]

白や黒などのはっきりとした色は汚れが目立ちやすいといった特徴があります。
確かにこういった色が、綺麗にそのしっかりとした原色を維持できれば清潔感も残り、非常に美しい外観を実現できます。
 
しかし、実際のところ表面積が大きく、雨や強風などの様々な天気に対応しなければならない外壁を、白や黒などの色が綺麗に見えるぐらい、細やかにかつ頻繁にお手入れすることは不可能でしょう。
よって、汚れが目立ちやすくなってしまうこういった白や黒の色の外壁の色は、あまりおすすめできません。
 

[赤・青]

赤や青などの原色は、時が経つに連れて色が薄くなっていくのが目立ちます。
もちろんどういった色を選ぼうが、経年の劣化で色は薄くなっていきますが、この二つの原色は特にその劣化が目立ち、古びた印象を与えてしまいます。
したがって、赤や青などの原色もあまりおすすめできません。
 

[ベージュ系・クリーム系]

ベージュやクリーム系の色は長年人気のある外壁塗装の色になります。
こういった色は台風や雨などの外的要因による汚れも比較的目立ちにくいです。
また同様に、経年の劣化による色落ち度合いも少なく、それによって古びた印象を与えることもないのでおすすめです。
 

[ブラウン系]

ブラウンは暗めの色ではありますが、黒のようにはっきりとした原色ではなく、汚れも比較的目立ちにくいのが特徴です。
シックで家の全体的に統一感が出やすく、高級感も演出しやすくなります。
一概にブラウンと言っても、濃度によって様々なものがあるので、しっかりとサンプルを見てから外壁塗装の色に決めることはおすすめです。
実際外壁塗装工事をしてみて、思った色と違ったという方もいらっしゃるのが現実です。そのため、しっかりとした下調べが必要になってきます。
 
 
以上、住宅の外壁の色の違いによるそれぞれの特徴についてご紹介しました。
もちろんそれぞれ一長一短があるかと思いますが、雨や風などの影響を受けやすい外壁の特性上、合う色と合わない色があるかと思います。
上述したことが、失敗しない外壁塗装の施行に役立てば幸いです。