Now Loading...

兵庫の外壁塗装プロ直伝!雨漏りの修理方法をとことん解説!


みなさんは大切なマイホームのメンテナンスをしっかりと行っていますか?
特に外壁は雨や風、ホコリ、紫外線などから大切なお家を守ってくれています。
 
しかし外壁も年数を経るにつれて劣化していきます。
塗膜機能が低下し気付けば大きなヒビが入ってしまい、雨漏りを引き起こす可能性があります。
 
実は雨漏りを引き起こす大きな原因は外壁からなのです。
雨漏りが発生してそのまま放置し続けると、お家はゆっくりと大きなダメージを受けてしまいます。
そこで今回は、雨漏りの修理方法を原因と共に解説いたします。
 

■外壁から雨漏りがする原因とは?

 
外壁から雨漏りが発生する原因は主に3つ考えられます。
 
・外壁材の劣化
外壁は新築時の塗装などで防水されていますが、築年数が10年も経つと当然外壁材は劣化します。
防水効果が低下し、外壁材にひびが入ったり、腐食を進めてしまい、雨漏りしやすくなります。
 
・台風や豪雨などの自然災害
強い台風や豪雨などが来ると、外壁に雨と風が同時に吹き付けてきます。
もちろんそれらを想定して防水機能が施されていますが、外壁と屋根の境目や生じたヒビ割れから雨水が浸水することで雨漏りを引き起こしてしまいます。
 
・壁自体の損傷
どんなに外壁材が頑丈でも、外壁に損傷があると雨漏りが非常に起きやすいです。
特にサイディングの隙間を埋めるシーリング材が劣化した場合は、その隙間から雨水が浸み込み外壁に損傷を与えてしまいます。
 

■雨漏りの修理方法

 
【応急処置の場合】
急に雨漏りが発生した場合の応急処置として、ブルーシートを屋根から壁にかけて貼り付けます。
また、ホームセンターで販売されている防水アルミテープを使って、ひび割れが生じてしまった箇所を防ぎます。
もしくは市販で販売されている専用のシリコンで補修しましょう。
あくまでこれは応急処置ですので、これで雨漏りが完全に防げたことにはつながらないことを肝に銘じておきましょう。
 
【プロによる雨漏り修理方法】
外壁からの雨漏りは、軽度であれば基本的に塗装の塗り替えで住むことがほとんどです。
防水効果の高いウレタンやガラス繊維強化プラスチック(FRP)といった塗料を使用することで、雨漏りを防ぐことができます。
雨漏りをしっかりと防ぎたい方は、セルフで行うより業者に依頼した方が賢明です。
 

■まとめ

 
以上、雨漏りの修理方法をその原因と共に解説いたしました。
今雨漏りに困っていないとしても、外壁の劣化は進んでいるので、不安な方は
ぜひ一度弊社へお気軽にご相談ください。