Now Loading...

兵庫県で外壁塗装をお考えの方必見|モルタルの特徴とは?


「モルタルってなんでしょう?」
「コンクリートとモルタルの違いは?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
 
そこで今回は、本記事を通してモルタルに詳しくなっていただければと思います。
 

*モルタルとは

モルタルとは灰色の粘度のようなものです。
その正体はセメントと砂と水を練り混ぜて作られた建築材料です。
この材料をコテを使って塗りたいところに塗ります。
ペースト状で柔軟性が高いので、外壁やコンクリートの隙間を埋めるのに活躍してくれますよ。
 
また、モルタルは昔は住宅の外壁材として度々使われていました。
しかし、施工に時間がかかることや熟練の職人の技が必要であることから、他の外壁材が使用されるようになりました。
ただし、デザイン性が高く、オリジナルなものを表現する際に人気があるためモルタルはまだまだ現役だということができるでしょう。
 
最初にモルタルとは灰色の粘度のようなものと述べましたが、混ぜるものを変えることにより様々な色や模様を表現することが可能です。
混ぜ合わすセメントによっては白色にすることも可能ですし、青色にすること可能です。
そのためデザイン性に優れており、外壁の表面仕上げ・浴室・台所にも使用されます。
 
ここまでで、皆様にモルタルがどのような材料かを理解していただけたかと思います。
それでは次に、モルタルと他の外壁素材の違いをご紹介します。
 

*モルタルと他の外壁素材の違い

モルタルについての知識を深めていただくために「コンクリート」や「セメント」を紹介致します。
 
セメントはモルタルとコンクリートの材料ですが、セメント単独で用いられることはありません。
セメントは石灰石や粘土を原料として、水を加えることにより砂と砂をくっつける接着剤の役目を果たします。
 
コンクリートはそこに粗骨材を入れることによりさらに硬くします。
優れた耐久性や耐火性を備えており、マンションやダムのような巨大な建築物の建築に使用されています。
ただし、重い材料なので設計に自らの重みに耐えられるよう十分に注意する必要があります。
 
モルタルはコンクリートに比べて扱いやすいため内装にも外装にも使用されます。
セメントが含まれているので非常に丈夫なイメージがありますが、防水性は高くありません。
 
そして、モルタルの弱点としてコンクリート同様ヒビが生じやすいということが挙げられます。
ヒビ割れが発生すると、雨水がそこから侵入する可能性があり防水性の低いモルタル自体にも悪影響を及ぼしてしまいます。
 
 
今回はモルタルの特徴をご紹介しました。
 
防水性の弱点は外壁塗装で補うことが可能です。DOORでは雨漏り対策や防水など、塗り工事に不可欠な下地の防水まで行なっています。
本記事を通してモルタルが何であるか、またモルタルの特徴についてご理解していただけましたら、外壁塗装をぜひともご検討くださいませ。