Now Loading...

雨漏りに困った!兵庫県の外壁塗装業者が対策を教えます!


ポチャ、ポチャ…ふとしたときにそれは突然やってきます。そう雨漏りです。
 
このように天井から直接しずくが垂れるほど雨漏りをしているケース以外にも、外壁からの雨漏りやベランダからの雨漏りもあります。
雨漏りを放っておけばご自宅の床に水たまりを作るだけでなく、壁や天井にも悪影響を与えてしまって建物の寿命を縮めてしまいます。
 
雨漏りを防ぐために、まずはその原因を知りましょう。
 

*材料の浮きや剥がれ

雨漏りの直接的な原因として棟板金の浮き、スレートのヒビ割れ、浮き、コーキングの剥がれなどが挙げられます。
スレートとは屋根や外壁などに用いられる材料の一つで、わかりやすく説明すると強いセメントを固めて塗装した板です。
棟板金というのはスレートの一番尖った部分に被せる金属の山形の板のことです。
 
この棟板金は築2年程度の家であっても、釘の打ち付けや種類次第では取れてしまうケースがあるので、取れていないか定期的にチェックする必要があります。
これらの浮きや剥がれを放っておいてしまうと水漏れがさらに悪化してしまうので、定期的に確認するようにしましょう。
 

*メンテナンス以外の対策

屋根や外壁は一年中太陽光や雨風などを受けています。
素材の浮き以外にも、屋根や外壁の経年劣化による雨漏りがあります。
 
外壁塗装や屋根、材料の中には湿気に強いものや防水機能を持つのものなど様々なものがあります。
防水性の高い塗料を外壁や屋根に塗塗ると、雨漏れの原因となる水の侵入を防ぐことができますよ。
 
加えて機能性の高い外壁塗料であれば、耐久性も10年、20年と優れているので頻繁に塗り替える必要が無くなります。
 

*新築でも雨漏りしている?

雨漏りが気になるという方の中には、新築当時から雨漏りがしているという方もいます。
そのような場合には施工不良が原因と考えられます。
 
住宅を購入された業者に連絡をすれば、大抵が保証期間内であるため対応をしてくれるはずです。
住宅瑕疵担保責任制度により築10年未満の住宅での雨漏りの修理をに関しては、その住宅の施工や販売を行なった業者が無償で修理することが義務付けられています。
このような場合には遠慮せずに依頼しましょう。
 
ご紹介した通り雨漏りの原因は様々ですが、雨漏りを起こさないための対策があります。
DOORでは雨漏り対策、防水など塗り工事に不可欠な下地の防水を行なっています。
 
ご自宅の水漏れを気にされている方は工事を一度検討されてみてはいかがでしょうか。
あなたからのご連絡をお待ちしております!