Now Loading...

外壁塗装にヒビが!その原因は?兵庫県の塗装店が解説致します


夢の新築をご購入されて5年経たずに壁にヒビができてしまった方、塗装を塗り替えたばかりなのにヒビを見つけてしまったという方は大変悔しい思いをされていることでしょう。
 
本記事では主なヒビ割れの種類とその原因を解説致します。
この記事が今後のご自宅の塗装工事に関して少しでも役立てば幸いです。
 

〇そのヒビは線状の細かいヒビではありませんか?

まずはヘアクラックをご紹介します。
ヘアクラックとは、主に塗膜にできるヒビで細く短いヒビ割れの総称を指します。
原因としては経年劣化や不適切な塗装作業や塗装の塗り重ねが考えられます。
 
塗料は乾くのには時間を要し、時間や環境に応じて伸縮したり膨張したりします。
塗装作業の中で十分に感覚を取られなかったり、寒暖の差が激しい時期などにこういったヒビ割れが生じてしまいます。
 

〇そのヒビは薄い筋のようなヒビではありませんか?

乾燥クラックと呼ばれるヒビは、塗装を行なった際に乾燥過程で生じるヒビです。
乾燥クラックはヒビ割れの幅が狭く、下の素地が完全に乾燥収縮する前に塗装してしまうことで発生してしまいます。
 
ただし素地が完全に乾燥すれば収縮はおさまりますので、ヒビ割れが拡大することはありません。
 

〇そのヒビは力強いヒビですか?

構造クラックとは建物が凍結と融解を繰り返したり、突然の震災などにより発生するひび割れのことを指します。
この構造ラックが起こる原因としては、建物の建て付けが悪かったり構造的に欠陥があることが考えられます。
 
こちらのクラックは乾燥クラックとは異なり、ヒビ割れ部には常に負荷がかかってしまっています。
そのため何らかの処置をしない限りはクラックが拡大してしまいます。
 
 
今回は3つの異なるクラックを紹介致しました。
もちろん、震災や建て付けの問題によるクラックを未然に防ぐことは困難です。
 
しかし、クラックの原因には塗装業者の欠陥工事もある場合も多いと理解していただけたと思います。
そのため塗装工事を依頼する場合には十分に信頼できる業者に頼みましょう。
 
信頼できる業者を選ぶ際のアドバイスとして、なるべく多くの情報を開示されている業者を選ぶことをオススメします。
業者選びをする際に、透明性がない業者はどの業界でも危険に感じるはずです。
 
また、兵庫県の株式会社DOORでは動画による劣化診断を共有するサービスや、図面を作成して塗装面積をお客様にお伝えするサービスを無料で行なっております。
兵庫県で外壁塗装や屋根の塗装をお探しの方は、是非とも株式会社DOORまでご連絡ください。