Now Loading...

塗料の選び方とは?兵庫県の外壁塗料業者が教えます!


外壁塗装は塗料によって耐用年数や効果が大きく変わります。
そのため選択する塗料によっては外壁塗装を行う回数やコストが大幅に変わってきます。
 
例えばアクリル塗料の場合は耐久年数が平均5〜8年となっているため、30年の間に4回程度外壁塗装工事を行う必要があります。
しかしシリコン系塗料の場合は耐久年数が平均8〜15年となっているため30年間で最小2回しか工事を行わなくて済みます。
 
そこで今回は塗料の選び方をご紹介します。
 

*塗料の種類を知る

塗料選びの際に大切なのが、まずは塗料を知ることです。
一般的に使用される塗料には、アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料があります。
この他にもラジカル系塗料、光触媒塗料や遮熱系塗料などがあります。
 
耐久年数はアクリル系塗料が最も短く、遮熱塗料が最も長く20年となっています。
耐用年数が長いものは費用が高くなりますが、光沢があったり、汚れが付きにくかったりと塗料それぞれの強みがあります。
 

*一般的な塗料

アクリル系塗料の耐久性はあまりよくありません。
ただし汚れやすい反面コストが安いため、新築に度々使用されています。
 
次にウレタン系塗料についてですが、ウレタン系塗料は光沢性に優れている一方汚れやすいという弱点を持っています。
そのため高級感を出したい時に最適です。
 
またシリコン系塗料は屋根や外壁の塗り替えで最も多く使用されている塗料です。
ウレタン系塗料に比べて、汚れや色落ちに強い問う特性があります。
 

*フッ素系塗料や遮熱系塗料

フッ素塗料は、塗料の主成分の樹脂がフッ素系の塗料です。
フッ素塗料は外壁素材に密着しはがれにくい性質があり、紫外線の熱にとても強いことがその特徴です。
生活の中で欠かせないフライパンにもフッ素加工のものがありますので、その効果は理解していただきやすいのではないでしょうか。
 
遮熱系塗料にはその名の通り、熱をはねのける効果があります。
そのため日光が強い夏場は特に効果的です。
時には温度を5度近く下げてくれる場合があるので、夏場に暑いと感じている方にはとてもおすすめです。
耐用年数はどちらも一般的な塗料と比べて長いことが特徴です。
 

*まとめ

ここまで様々な塗料の種類とその特徴をご紹介しましたが、塗料選びは塗料を知ることから始まります。
また、塗料を選ぶ際は自分の目的に応じた塗料を選びましょう。
具体的にはお家の外壁に光沢が欲しいと思われる方はウレタン系塗料を、暑さを軽減した方は遮熱系塗料を選ぶようにしましょう。
そのため目的をしっかりと定めてから塗料をお選びください。
 
株式会社DOORでは5種類の塗料プランを提供しております。
塗料選びで悩まれている方は是非DOORまでご相談くださいませ。