Now Loading...

外壁塗装の見積もりの流れとポイント|兵庫県の外壁塗装業者が解説します


「外壁塗装の見積もりはどのような流れで行うのだろうか」
「外壁塗装の見積もりの流れが知りたい。」
「外壁の塗り直しはどうやって依頼すればいいの?」
 
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
外壁の塗り直しを考えていても、具体的な流れについて知らない方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、「外壁塗装の見積もりまでの流れ」についてご紹介いたします。
 

□外壁塗装に着手するまでの流れ

外壁塗装の施工までの流れについて解説します。
 
1. ご自宅の状態を業者に連絡
2. 建物の調査
3. 見積もり
4. 調査報告
5. 見積書提出
6. ご契約
7. 近隣住宅へ挨拶
8. 施工
 
このような流れで進んでいきます。
施工までの流れで一番重要なのは3の見積もりです。
見積もりでどこまで完成をイメージできるかが成功の鍵になります。
 
また、施工後にアフターフォローがあるかどうかも確認しておきましょう。
業者によっては、過失があった場合に無料で直してくれたり、定期点検にきてくれたりします。
 

□見積もりを成功させるには?

ここでは、施工までの流れで一番重要な、見積もりを成功させる方法をご紹介いたします。
 

*見積もりのポイント

見積もりの際には、「あなたの建物の状態」と「必要な工事内容」が大まかに提示されます。
業者により、状態をどこまで正確に見抜いてくれるかが違い、工事や費用にもズレが出てくる場合があります。
 

*複数の業者と見積もりを立てる

上記のポイントを押さえるためには、複数の業者に見積もりを立ててもらうことが大切です。
複数の業者に見積もりを出してもらうことで、より正確な建物の状態と工事費用の相場を把握することができるからです。
単独の業者と見積もりしただけでは満足のいかないまま契約を結んでしまう可能性があります。
 

*塗替えの時期を考える

塗替えのタイミングは建築してから約10年を目安にしましょう。
メーカーや塗料の種類によって異なりますが、塗料の耐用年数は6年〜20年です。
そのため10年経ったあたりで塗り直しを考えると良いでしょう。
 

□最後に

以上、「外壁塗装の見積もりまでの流れ」についてご紹介いたしました。
 
外壁塗装をするまでの流れについてご理解いただけたでしょうか?
株式会社DOORでは、毎月10名様に限り無料見積もりを行なっています。
更に、最長で10年とアフターフォローも万全です。
 
兵庫県で外壁塗装をお考えの方は、是非株式会社DOORまでご連絡ください。
 
↓株式会社DOORのホームページ↓