Now Loading...

雨漏りに有効な対策とは?|兵庫県の外壁塗装業者が解説します


「雨漏りが気になるから修理したい」
「雨漏りをなくすための対策って何があるだろう」
「そもそも雨漏りの原因って何なのだろう」
 
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
雨漏りはいつまでも放って置けない大問題ですよね。
そこで今回は、「雨漏りに有効な対策」についてご紹介いたします!
 

□雨漏りの発生箇所について

雨漏りの発生箇所にはどこがあるかと聞かれると、多くの方が最初に想像されるのは屋根だと思います。
もちろん屋根からの雨漏りが一番多いです。
 
しかし、屋根以外に外壁からの雨漏りも存在します。
屋根以外での雨漏りは大抵外壁が原因となっています。
雨漏りの発生箇所は「屋根」と「外壁」からであることを覚えておきましょう。
 

□雨漏りの原因について

雨漏りは屋根と外壁でそれぞれ原因が違います。
 

*屋根からの雨漏り

屋根からの雨漏りは経年劣化によって起こることが多いです。
屋根は激しい雨風に晒され続ける場所です。
そのため悪天候が多い地域では屋根のパーツの経年劣化も早くなります。
 
瓦がずれたり、トタンが錆びたりすることで雨漏りが起こります。
災害レベルの悪天候に見舞われた場合は、特に雨漏りしているところがないかチェックしましょう。
 

*外壁からの雨漏り

外壁からの雨漏りは主に外壁のヒビが原因です。
このヒビも経年劣化によって発生することが多いです。
特に地震などで家が大きく揺れた場合はヒビが発生しやすいです。
 

□雨漏りの対策について

雨漏りは主に経年劣化と自然災害によって発生するとお伝えしました。
自然災害についてはどうすることもできませんが、経年劣化については対処することが可能です。
 
外壁塗料の耐用年数は6〜20年と言われています。
そのため、家を建ててから10年ほど経った頃に塗り直しをすると良いでしょう。
定期的なメンテナンスが経年劣化による雨漏りを防ぎます。
 
自然災害でも、状態の悪いところからヒビやズレが発生するものです。
そのため定期的なメンテナンスは自然災害にもある程度は対策できます。
 
雨漏りを防ぐために、外壁塗装業者に定期的なメンテナンスを依頼しましょう。
 

□最後に

以上、雨漏りに有効な対策についてご紹介いたしました。
外壁塗装が雨漏りに有効な対策であることがご理解いただけたでしょうか?
 
株式会社DOORは、塗料の性質を100%引き出し、高品質な塗装をさせて頂くことをお約束いたします。
兵庫県で雨漏りにお困りの方は、是非株式会社DOORまでご連絡ください。
 
↓株式会社DOORのホームページ↓