Now Loading...

外壁塗装をご検討中の方へ!足場なしの工法をご紹介します!


「費用を抑えたいから、足場を無くせるのかな」
「足場をなくした際はどうなるのかな」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、無足場工法の概要や外壁塗装に足場が必要である理由について解説します。
西宮市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

足場なしの工法とは?

□足場なしの工法とは?

足場なしの工法はご存知でしょうか。
足場なしの工法とは、無足場工法と呼ばれます。
その名の通り、足場を作らない工事方法のことを指します。

無足場工法では、屋上から吊るされるロープブランコやゴンドラに乗り、職人が作業します。
そのため、無足場工法であれば、工事期間を短縮できますし、大幅にコストを削減できるでしょう。
ただし、足場がないため不安定な空中での作業となり、危険を伴います。

□足場なしの工法のデメリットについて

前章では、無足場工法について解説しました。
無足場工法とはどのようなものかご理解いただけたかと思います。
工事期間を短縮できたり、大幅にコストを削減できたりする点は嬉しいですよね。

しかし、もちろんデメリットもあります。
そこで、ここからは無足場工法のデメリットについて解説します。

無足場工法のデメリットは、以下の3つです。
・施工不良を起こしやすい
・近隣に汚水や塗料が飛散し、トラブルの元になる
・職人の安全確保が難しい

ではここからこれらのデメリットについて詳しく解説していきます。

1つ目は、施工不良を起こしやすいことです。
無足場工法では、仕上がりの質が低下してしまう危険性が高いです。
外壁や屋根等の施工を行う際は、作業しやすいようにするために基本的には足場を組みます。

安定した足場があることで塗装する職人は安定した姿勢を確保できますし、丁寧に作業ができます。
この安定した足場がないと、手元も安定しませんよね。
安定した姿勢が確保できないため、繊細な作業が困難でしょう。
そのため、施工不良を起こしやすいのです。

2つ目は、近隣に汚水や塗料が飛散してトラブルの元になることです。
塗装の際は、まず高圧洗浄を行い、外壁の汚れを取り除きます。
長年溜まった汚れを取り除く段階です。

この際、飛散防止シートをしっかりと装着すれば、高圧洗浄を行う際に汚れや水が飛び散っても問題ありません。
しかし、無足場工法では飛散防止シートを装着しないことから、近隣に迷惑をかける恐れがあります。
ご近所からクレームが入ってしまって、トラブルの原因になることもあるでしょう。

3つ目は、職人の安全確保が難しいことです。
足場を確保する必要性は、厚生労働省の「労働安全衛生規則」というルールによって定められています。
2メートル以上の高さで作業を行う場合は足場を設置して、作業板を設けるというルールがあります。
職人の転落事故や使用している施工道具の落下を防ぐためです。

2階建て住宅の場合は、高さは6から8メートルほどになります。
強風の場合は特に危険を伴うでしょう。

無足場工法での塗装工事は、塗料が入った缶を持ってバランスを取りながら作業を行います。
バランスがとりにくくなることはイメージできますよね。
せっかくのマイホームを建てる際に、事故は起こしたくありませんよね。
職人が安全に作業できる環境を確保しましょう。

以上が、無足場工法のデメリットでした。
ぜひ足場を設置して施工を行いましょう。

□屋根塗装には足場が必要です!

ここまでは、無足場工法のデメリットについて解説しました。
無足場工法の危険性についてご理解いただけたかと思います。
では、ここからは外壁塗装に足場が必要である理由について解説します。

1つ目は、安全確保のためです。
前章でもご紹介しましたが、厚生労働省が定めた「労働安全衛生規則」では、2m以上の高所で作業をする際は安定した足場を設ける必要があると定められています。
これは、作業を行う職人の安全を確保するためです。

一般的な2階建ての高さは6から8メートルになりますので、少しでも足を滑らせてしまうと重大な事故に繋がりかねません。
また、バランスに気を取られていると、塗装の質にも影響が出る恐れがあるでしょう。

足場があれば、足を滑らせたとしても落下してしまう前に掴めるでしょう。
落下することなく、重大な事故を防げます。
また、足場の周りに張るメッシュシートによっても落下防止になるため、重大な事故を防げるでしょう。
作業を行う職人の安全性を確保するためにも、安定した足場を設置することはとても大切です。

2つ目は、近隣に水や塗料が飛散してしまうからです。
足場を設置していない状態で塗装を進めてしまうと、近隣トラブルに繋がる恐れがあります。
例えば、高圧洗浄の工程ではどうしても水しぶきが飛んでしまいますし、塗装中も塗料が飛散してしまう恐れがあります。

足場を設置して、足場の周りにメッシュシートを張ることで、水しぶきや塗料が飛んでしまうのを防いでくれます。
近隣の方と今後もうまく付き合っていくためにも、近隣に迷惑をかけないことが大切です。

3つ目は、不安定な中の作業により品質が低下することです。
無足場工法では不安定な姿勢での作業になります。
不安定であるため、身を守ることを意識してしまい、繊細な作業に集中できない場合があるでしょう。

不安定な姿勢のまま塗装をすると、ムラが出てきたり、色だけ付けて終わらせてしまったりする恐れがあります。
そのため、足場を設置して、職人が安心して作業できる環境にすることをおすすめします。

では、ここからはお得に外壁塗装をするコツについて解説します。

1つ目は、事前点検を詳細にしてもらうことです。
塗装する面積が同じであれば必要な費用は同じではないか、と思われる方もいらっしゃいますよね。
しかし、実際に工事を始めてから追加工事が必要となり、追加の費用がかかることもあるでしょう。

外壁は外からの刺激を受けやすいため、塗装するだけでは直せない部分が存在する可能性があります。
追加工事としては、割れた屋根の差し替え工事や浮いた棟板金の交換工事が挙げられます。
後々のトラブルを避けるためにも、事前点検を詳細にしてもらうことをおすすめします。

2つ目は、耐用年数の長い塗料を選択することです。
耐用年数の長い塗料にすることで、コストパフォーマンスが良いです。
初期費用は比較的かかってしまうかもしれませんが、長期的な目でみると費用を抑えられます。

3つ目は、屋根塗装も検討することです。
外壁塗装をする際、屋根塗装もする必要があれば一緒に行うことをおすすめします。
なぜなら、屋根塗装も足場の設置が必要だからです。
屋根塗装と外壁塗装を別々に行うと、その分費用がかかってしまいます。

屋根塗装と外壁塗装を一緒に行えば、およそ10から20万円分のお金を削減できるでしょう。
費用をできるだけ少なくしたいとお考えの方は、屋根塗装と外壁塗装を一緒に行うことをおすすめします。

以上、外壁塗装に足場が必要である理由とお得に外壁塗装をするコツでした。
ぜひ施工前依頼を行い際には、こちらの章を参考にしてください。

屋根塗装には足場が必要です!

□まとめ

この記事では、無足場工法の概要や外壁塗装に足場が必要である理由について解説しました。
西宮市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。
当社は、お客様のニーズに合わせた施工をしておりますのでご安心ください。
何かご不明点や疑問点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約