Now Loading...

屋根塗装をお考えの方へ!白色がおすすめです!


「屋根塗装でどんな色にしようか検討している」
「屋根の色は白にしようか悩んでいる」
このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。

今回は、屋根塗装をお考えの方へ白色の屋根について解説します。

屋根塗装を白で行うメリットとは?

□屋根塗装を白で行うメリットとは?

住宅の屋根には瓦屋根やスレート屋根など様々な種類がありますが、近年はスレート屋根が多くなっています。
スレートとは、セメントに繊維素材を入れて薄く伸ばしたものです。
これだけでは屋根に必要な防水効果を持たせられないので、塗料を塗り、塗料が防水効果を果たしているのがスレート屋根です。

そのため、スレート屋根では、塗る塗料を施工主が決めるので、屋根の色を塗料の中から自由に選べます。
しかし、屋根の色を選ぶことはどんな基準で決めたらよいかわからず難しいですよね。
そんな方に、機能面でおすすめできるのが白色の屋根です。

屋根塗装を白で行うメリットは、白色は遮熱効果が高いことです。
白色はたくさん存在している色の中でも太陽光を反射する効果が高いです。
ほぼ真っ白である「クールホワイト」は、太陽光の91パーセントを反射すると言われています。
それに対し、ほぼ真っ黒な屋根では、約28パーセントしか反射しません。

家の屋根を白く塗ることで、太陽光が反射され、建物の中にこもる熱が少なくなります。
この遮熱効果こそが、白い屋根の最大のメリットです。
室内温度を2度から5度ほど下げる効果があるとされていて、その分冷房費用を抑えることができます。

□屋根塗装を白で行うときのデメリットとは?

*事例少なく目立ってしまう

最も大きいデメリットが、「目立つ」ということです
日本では、屋根の色は暗いほうが落ち着きがあって好まれており、黒や青、紺色などの屋根色が多いです。
近年は洋風の住宅も増えていますが、屋根には赤茶色や緑色などが使われていることが多いです。

そのため、白い屋根はどうしても目立ってしまいます。
近隣の住宅にあまり明るい色の屋根がなく、あまり目立ちたくないと考えている方は、白色の屋根は避けたほうが良いかもせれません。

また、景観法などの条例で白などの明るすぎる色の屋根や外壁の色への使用を制限している地域もあります。
屋根塗装で白を検討している方は、念のため確認しておくと良いでしょう。

*汚れやすい

屋根だけでなく外壁にも当てはまりますが、白に近い色は汚れが目立ちやすいです。
主な汚れは土埃などで、黒や茶色系の色で、白とは正反対の色だからです。

例えば、車や服などの場合は、洗車や洗濯をするときれいに汚れが取れることが多いですが、屋根を気軽に掃除することは難しいですよね。
屋根塗装は10年に一度とも言われており、塗装後すぐに汚れが目立っているのに洗えないというのはつらいことです。

屋根の見た目を特に気にされる方は、白い屋根を避けたほうが良いでしょう。
屋根の角度や周囲の建物との関係次第では、屋根がほとんど見えない可能性があります。
見た目の心配がいらないので、安心して屋根を白色に塗装できるでしょう。

□実際にどのくらい遮熱効果があるのか紹介します!

白色には遮熱効果があることは理解できたけれども、実際に住宅にはどのくらい影響があるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
色の違いによる屋根の表面温度の違いを比較して紹介します。

勾配や邦楽、面積や形状など色以外の要素をすべて同一にした、深緑色と白色の屋根で計測をしました。
気温が37度で太陽が出ているときに計測を行った結果、深緑色では表面温度が75.9度、白色では62.9度でした。
色は白に近いほど太陽光を反射して、黒に近いほど吸収します。
深緑色でこれだけの違いが生じるので、より暗い黒や紺色とではさらに表面温度に違いが出ます。

□白い屋根は住宅に合う?

日本の屋根では瓦の人気が高かったことから、スレート屋根でもグレーや黒、紺色など暗い色が人気の色です。
また、赤色や緑色の屋根もある程度存在しているため認知されており、これらの屋根を見て違和感を抱くことは少ないです。

そのため、屋根を白く塗装すると見慣れるまでは違和感を抱く方も少なくないです。
しかし、大きな建物の折衷屋根では、屋根に白色が採用されていることも多くあります。
金属屋根の住宅では、熱を伝えやすい金属屋根のデメリットをカバーするために、暑さ対策として白を採用している事例もあります。

遮熱塗料のラインナップにはどの塗料にも白が含まれており、現在個人の住宅でも白い屋根が少しずつ増えているのが現状です。
また、近年問題となっている都市部のヒートアイランド現象も、白色の屋根にすることで緩和されるとも言われています。

違和感なく白い屋根にするには、明度が高く白に近い色にすると良いでしょう。
太陽光を反射する効果は、色味ではなく明度で決められます。
明度が高く白に近い色であれば、真っ白までとはいかなくても高い遮熱効果が期待できます。

例えば、薄いグレーや薄い青、薄い黄色などは明度も高いですし、屋根に用いてもあまり違和感がありません。
遮熱効果だけを求めて無理に真っ白な屋根にせず、屋根色に合う淡い色を採用すると良いでしょう。

また、周囲に見えやすい部分の屋根だけ濃い色を採用するという方法もあります。
敷地や屋根の形状や周囲の建物との関係によっては、一部の屋根が外から見えにくい場合があります。
特に住宅が立ち並ぶ住宅街などでは、周囲の住宅と同じ高さの屋根は外から見えにくい場合が多いです。

外から見えにくい2階部分の大きな屋根を遮熱効果の高い白にして、目につきやすい1階と2階の間の屋根を暗めの色にするといった工夫も可能です。
屋根の機能性と、周囲の景観との関係性を考慮できると良いでしょう。

□屋根の色を選ぶときに失敗しないためのポイントを紹介します!

*外壁や付帯部との相性を考える

屋根の色を決める際には、屋根の色だけでなく、外壁の色や雨樋など付帯部の色との相性を考えましょう。
屋根と外壁、付帯部など家の外観全体で使う色を3色までに抑えるとまとまりがあってよいとされています。
また、屋根塗装と併せて外壁塗装や付帯部のリフォームを行う場合でも、玄関ドアなど色⒲変えられない部分との相性も考慮しましょう。

*周辺環境や景観ガイドラインを考慮する

周囲の景観との街並みに合わず、浮いてしまう可能性があります。
屋根塗装を行った後に近隣住民から苦情がくるなどのトラブルを避けるためにも、主変環境との調和を意識しましょう。

また、お住まいの地域によっては、景観ガイドラインなどが定められている場合があります。
景観ガイドラインとは、都市景観の形成や維持を目的に、建物の色や形を制限している規則のことです。
屋根に使用できる色が制限されている場合があるので、自治体のホームページで確認したり問い合わせたりしておくと良いでしょう。

*色の面積効果を考える

色の面積効果とは、同じ色でも面積が大きいほうが、明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えるという効果です。
色を決めるときに小さなカタログだけで色を確認してしまうと、塗装が終わったあとに思っていた色と違ったという失敗が起きやすいです。
なるべく大きな色見本で確認したり、太陽光の下などで色味を確認したりすると良いでしょう。

屋根の色を選ぶときに失敗しないためのポイントを紹介します!

□まとめ

今回は、屋根塗装をお考えの方へ白色の屋根について解説しました。
本記事を参考にしていただければ幸いです。
西宮市周辺で屋根塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約