Now Loading...

外壁塗装ってどのタイミングで行えばいいの?気になる頻度について

「外壁の汚れが目立ってきたように感じるが、外壁塗装はどのくらいの頻度で行えば良いのだろう。」
「外壁塗装の住宅を保護する効果は、どれくらいの期間続くのかを知りたい。」
「何年に1回外壁塗装を、行えばいいのか教えてほしい。」
このように、外壁塗装を行うタイミングについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
外壁塗装は、大きな費用がかかるため後回しにしがちですよね。
しかし、外壁にひび割れなどがある状態で放置しておくと、水分が住宅内部に侵入して基礎部分の劣化が急速に進んでしまう場合があります。
そのため、必要なタイミングで外壁塗装を行うことが大切です。
そこで今回は、外壁塗装を行う頻度について解説します。

□頻度は約10~15年に1度

*適切な頻度

使用する塗料の種類によって耐用年数が異なります。
行うべき頻度は塗料によって左右されますが、一般的には約10年から15年周期で実施するべきだとされています。
なぜなら、あまり使用されないアクリル系の塗料を除くと、代表的な塗料はどれも10年以上の耐久性があるからです。
塗料の中には、耐用年数が15年以上のものもありますが、気候や立地などの条件が悪ければ効果が早めに失われる場合があります。
そのため、耐久性に優れている塗料を使用している場合でも、10年から15年程経ったら、外壁塗装を検討すべきです。
外壁塗装業者にメンテナンスが必要かどうかを判断するために点検をしてもらうのも良い方法でしょう。
塗料以外にも、外壁の寿命を左右する要因があります。
それは、シーリングと呼ばれているものです。
シーリングとは、外壁材の目地に使われている材料です。
長い期間が経つとシーリングは紫外線や雨水の影響で、裂けや縮みなどが生じて防水性を失ってしまいます。
シーリングの補修は、外壁塗装を同じタイミングで行うことが多いです。
そのため、塗膜自体に問題がなくても、シーリングの補修が必要になったタイミングに合わせて外壁塗装を行う場合もあるでしょう。
一般的には、外壁塗装の頻度の目安は10年から15年に1度とされていますが、建物の立地などによって行うべきタイミングは変化するため注意が必要です。
どれほど劣化しているかの点検をしてもらって、その結果から外壁塗装を行うタイミングを決めると良いでしょう。

 

□メンテナンスが必要な理由

外壁塗装は見た目を変えるだけでなく、メンテナンスの役割も果たします。
そのため、適切なタイミングで行うことで住宅の寿命を延ばせるでしょう。
建物基礎に使われている建材は水分に弱い傾向があります。
外壁や屋根がしっかり水分の侵入を防ぎ建物を守ることで、劣化の進行を遅らせましょう。
しかし、劣化するのは建物の基礎部分だけではありません。
外壁は1番外側にあり、保護されていないため劣化のスピードも速い部分でしょう。
塗膜が劣化すると、塗装の本来の効果を発揮できません。
外壁自体の耐久性を維持するために定期的に外壁塗装を行う必要があります。

 

□外壁塗装に関わる注意点

外壁塗装の宣伝で、「メンテナンスフリー」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。
しかし、これはただの宣伝文句で、外壁のメンテナンスが完全に必要ないことは決してありません。
何も手入れをせずに放置し続けると、必ず劣化が進みます。
目を引く宣伝文句には騙されないように気を付けましょう。
また、「メンテナンスフリー」以外にも注意すべき言葉があります。
その言葉は、「耐用年数30年」です。
これは、30年間塗料の効果が持続することを意味しています。
しかし、現在発売されている塗料の中では、長くても耐用年数は20年です。
30年や50年など大幅に大きな数字が記載されている場合は、注意しましょう。

 

□塗料の耐用年数

外壁の住宅を保護する機能が効果的な期間がどれくらいの続くかは、塗料の種類によって大きく異なります。
それぞれの塗料の耐用年数について知っておくことで、打ち合わせをするときの判断材料になるでしょう。
そこで、外壁塗装においてよく使われる塗料の耐用年数をご紹介します。

*アクリル系塗料

アクリル系塗料の耐用年数は、4年から7年とされています。
他の塗料に比べて軽量で色をくっきり見せる効果があるでしょう。
コストパフォーマンスは高いですが、耐用年数は短いというデメリットがあることも知っておきましょう。
外壁塗装ではどのくらいの期間良い状態が維持できるかが重要なため、比較的短期間で塗り直しが必要となるアクリル系の塗料はあまり選ばれない傾向があります。

*ウレタン系塗料

ウレタン系塗料の耐用年数は、6年から10年程度です。
耐久性が安定していることに加えて、費用が抑えられることがメリットとして挙げられます。
また、アクリル系塗料と比較すると、防水性と耐水性に優れている特徴があります。
密着性も高いため、塗装が剥がれやすいところにも使用できるでしょう。
戸建ての住宅だけでなく、幅広い用途の建物に使用されています。

*シリコン系塗料

耐用年数は8年から15年とされています。
シリコン系塗料には、弾性に優れているという特徴があります。
そのため、壁に小さなひび割れができた場合も、防水性を維持するでしょう。
水分が室内に侵入すると、基礎が急速に劣化してしまう可能性があるため、弾性はとても重要です。

*ラジカル系塗料

耐用年数は、8年から15年程です。
「ラジカル」とは、水や酸素・紫外線などが塗装した面に当たることで発生する劣化因子を意味します。
この劣化因子の発生を最低限にとどめるために開発されました。
そのため、耐久性が高いことが特徴です。
長い期間が経っても、チョーキングが起こりにくく、ひび割れや水漏れも発生しにくいでしょう。
チョーキングとは、塗装した面の劣化現象の1つで、外壁を触ると手に白い粉が付くような現象です。
上記で紹介したアクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料に比べると価格は高い傾向がありますが、性能を考慮してラジカル系塗料を選択される方も多いです。

*フッ素系塗料

フッ素系塗料の耐用年数は15年から20年程です。
スカイツリーの塗装にも使用されたほど、耐久性に優れています。
現在販売されている塗装の中では、最も耐用年数が長いです。
しかし、価格が高いというデメリットがあります。
そのため、一般の住宅にはあまり使用されていません。
耐久性が高く、長持ちするため、予算に余裕がある方は一度検討してみても良いかもしれません。

 

□適切なタイミングでメンテナンスを行いましょう

目に見える被害がなくても、外壁は定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。
外壁塗装は外観を変えるという目的もありますが、1番の目的は住宅を保護することです。
耐用年数を経過して、塗膜が劣化すると防水機能が低下します。
水分が室内に侵入すると、基礎が急速に劣化してしまう可能性があるでしょう。
そのため、外壁のメンテナンスを後回しにすると、建物の基礎部分が劣化して大規模な工事が必要になります。
長期的に考えると、定期的に外壁塗装を行う方が費用を抑えられることを知っておきましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う頻度について解説しました。
外壁塗装を行うタイミングは、使用する塗料の種類によって大きく異なることをおわかりいただけたと思います。
適切なタイミングで外壁塗装を行い、住宅を良い状態で維持しましょう。
当社は、一般の住宅だけではなくビルやマンションの外壁塗装も行っております。
施工実績累計も600件を超え、塗装の質にも自信があります。
また、外観をきれいに仕上げることはもちろん補修や雨漏り対策など下地の処理も得意としています。
住宅を良い状態で維持するためには、下地の処理もとても重要です。
見た目を変えるだけでなく、外壁塗装のメンテナンスもしっかりしたいとお考えの方にぴったりでしょう。
西宮市・尼崎市・伊丹市で外壁塗装を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

タイトルデコレーション

対応可能エリア

エリアマップ

プロタイムズ阪神中央店の対応可能エリアをご案内します。
下記エリア外の隣接する地域も対応可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

兵庫県・西宮市・尼崎市・芦屋市・神戸市・伊丹市・宝塚市・三田市・川西市
大阪府大阪市(中央区・北区・住之江区・住吉区・城東区・大正区・天王寺区・平野区・旭区・東住吉区・東成区・東淀川区・此花区・浪速区・淀川区・港区・生野区・福島区・西成区・西淀川区・都島区・阿倍野区・鶴見区・西区)・箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東区・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・泉大津市・泉佐野市・和泉氏・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・河内長野市・岸和田市・泉南郡熊取町・泉南郡岬町・泉南市・泉北郡忠岡町・高石市・豊中市

お問い合わせ 0120-99-8258