Now Loading...

芦屋市K様邸 業界最高水準の汚れにくさを実現した「超低汚染」で建物の美観を保つこと優れた塗料で塗装させていただきました!


ビフォーアフター

施工事例

ハウスメーカー
施工箇所外壁塗装 屋根漆喰交換 付帯塗装
外壁塗装上塗り:アステックペイント 超低汚染プラチナリファイン2000MF / 耐用年数21~26年(10年保証)
下塗り:アステックペイント エピテックフィラーAE
屋根塗装
付帯部塗装アステックペイント マックスシールド1500Si-JY / 耐用年数15年
使用色外壁:8091 ブロークンホワイト
コーキング工事玄関廻り 庇
工事期間2021年5月6日~2021年6月8日
ご依頼のきっかけ
(お悩み事)
定期メンテナンス

施工写真

〈高圧洗浄〉

高圧洗浄で剥がれかけの塗料や表面に付着している汚れ、カビ、藻、苔などをきれいに洗い流します。

表面の汚れをきちんと落としていない状態で塗装すると、不純物が壁面に残ったままの状態になるので、塗料がうま

く密着せずにすぐに塗膜が剥がれてきてしまう可能性があります。

 

〈下地・ひび割れ補修〉

ひび割れ箇所にコーキングを充填し、擦り込みます。

外壁のひび割れを補修後、パターン(模様)を復旧します完全に目立たないようにすることはできませんが、模様を
 
付けることで塗装後に補修跡を目立たないようにすることができます。
 

〈下地・欠損補修〉

こちらも、ひび割れ箇所と同様にコーキングを充填し、パターン(模様)を復旧します。

とても綺麗な仕上がりですね♪

〈コーキング〉

玄関扉廻り・庇のコーキング打ち替え作業となります。

まず、古いコーキング材を撤去後、コーキング材をしっかり密着させるために接着剤の役割を果たしてくれる「プラ

イマー」と呼ばれる下塗り材を塗布します。

その後、コーキング材を充填し、ヘラで成形して完了です。

 

 

〈屋根・漆喰交換〉

屋根の漆喰交換を行いました。

まずは 棟瓦を外します → 葺き土を積みます → 葺き土を成形します → 新しく漆喰を塗ります

→ 棟瓦を詰みなおします → 完了となります。

※屋根の漆喰は、屋根の棟と瓦の間の隙間を埋め、瓦の下にある屋根の葺き土を雨風から守り、替え瓦と瓦を接着さ

せる目的で漆喰が塗られています。この漆喰は、定期的にメンテナンスを行う必要があるのですが、意外にみなさん

漆喰のメンテナンスの必要な時期を見逃してしまい、漆喰の劣化から屋根全体のダメージに繋がってしまうケースが

ありますので注意しましょう。

 

〈外壁塗装〉

まず「エピテックフィラーAE」で下塗りをします。

【エピテックフィラーAEは下地の凹凸をならし、下地を調整するフィラーと、上塗り塗料と塗装面の密着具合を良く

し、下地への吸い込みむらを防ぐシーラーの2つの機能を兼ね備えた微弾性フィラーです】

塗り重ね乾燥時間をしっかり守った後「超低汚染プラチナリファイン2000MF」で中塗りをします。

【この塗料は、防カビ・防藻・遮熱・低汚染・ラジカル(塗膜を劣化させる成分)制御・割れにくいといった多機能
 
塗料で、取り扱いが「プロタイムズ」加盟店のみのハイグレード版塗料となっております。候性も高く長期間に渡
 
り、美しい外観を保つことができます】
 
最後に上塗りを行い、合計3回塗りを行い終了となります。

今回お選びいただきましたお色は「8091 ブロークンホワイト」です。

〈付帯部塗装〉

まずは新しい塗料が剥がれたり膨れたりするのを防ぐ為に、古い塗膜や錆を落とすケレン作業という工程を行います。

鉄部に関しては錆止め塗布し、中塗り・上塗りを行います。

塗装は屋根・外壁だけ塗れば大丈夫と思われがちですが、上記のような付帯部もとても重要な箇所となって参りま

す。

なぜなら、錆等を長年放置しておくと周囲に広がり、色が移ってしまうこともあります。また強度も落ち、簡単に割

れてしまうこともあるのです。

ですので、小さくてもサビがあれば、広がる前に塗装を行ないましょう。

〈使用塗料〉

こちらが使用塗料となります。

平米数に対して適切な塗布量、そして塗り重ね乾燥時間を守り施工を行いました。

最後は施主様と施工箇所の確認を行い完工となります♪

 

最後に

錆止め塗料の効果とは?

錆止め塗料の効果を発揮するために必要な作業がケレンという作業です。ケレンとは錆止め塗料を塗る素地(塗装されていない部分)の錆や汚れを落とし、表面にキズをつけて塗料の密着をよくする作業です。素地の調整を怠り錆が残ったままでは錆の進行を抑えることができず、どんな高性能な錆止め塗料を塗っても効果を発揮できません。

近年、錆止めは変性エポキシ樹脂系のものが高性能でよく使われます。しかし、エポキシ樹脂系は紫外線に弱いので仕上げ材として屋外の建物に塗るには向きません。ですから、耐候性の良い塗料を上塗りするのが一般的です。

まとめると、錆止め塗料を使用して錆を抑えるには、ケレン作業でしっかりと既存の錆を落とし、耐候性の高い塗料を上塗りとして塗ることが大事です。

例外として、工具が入らない部位や騒音が出せないなどの理由から、十分なケレンができない箇所には錆の成長を止める塗料を塗る場合があります。
一般的に錆止め塗料を塗る場合はケレン作業で鋼面が露出するまで研磨する必要がありますが、ケレン不要で塗れ、防食ができる塗料も開発されています。

錆止め塗料を塗る箇所

錆止めを塗る箇所は、素材が鉄である金属屋根・鉄鋼構造物・階段の手すり、また亜鉛鉄板、アルミニウム、ステンレスにも塗ることができます。

錆止めを塗るタイミング

一般的な合成樹脂塗料で塗った鉄部は屋外で3~4年、屋内で5~6年程度で光沢がなくなり、チョーキングという現象が現れ、錆が発生してきます。
錆が進行すると腐食してしまい危険ですので、上記の症状が現れたら早めに塗り替えと錆止めを行うことが鉄部を長持ちさせるポイントです。

今後『錆止め』というワードを見かけた際の豆知識としてお使いいただければ幸いです♪

 

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っております。

ご興味のある方はお気軽にお申し付けください。

塗替えイメージサンプル

2018424101851.jpg

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

【株式会社DOOR】      総合リフォーム工事

【プロタイムズ阪神中央店】   塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

 

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

 

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約