Now Loading...

尼崎市K様邸の外壁塗装・屋根漆喰補修を行いました。塗料はアステックペイント シリコンREVO-IRを使用し、遮熱性や耐候性に優れています。その他波板の交換やベランダ防水を実施致しました。


ビフォーアフター

工事詳細

ハウスメーカー
施工箇所外壁塗装・付帯部塗装・ベランダ防水・漆喰補修・波板交換
外壁塗装上塗り:
下塗り:
屋根塗装施工なし
付帯部塗装破風 木部塗装・縦樋・横樋塗装・金属屋根・庇の金属・出窓上下 塗装
水切金物・換気フード 塗装・バルコニー手摺・鉄格子 塗装
使用色外壁:8091 ブロークンホワイト
コーキング工事ひび割れ補修・樋足元、手摺足元、庇廻り、換気フード コーキング
工事期間2021年8月30日~2021年9月24日
ご依頼のきっかけ
(お悩み事)
雨漏れ・定期メンテナンス

工事写真

高圧洗浄

高圧洗浄を行います。作業工程では下記の順番で進めてきます。
▼足場の設置(+養生)
▼高圧洗浄 ←ココ
▼下地処理(補修)
▼養生
▼外壁塗装・下塗り
▼外壁塗装・中塗り
▼外壁塗装・上塗り
▼完了検査
▼足場の解体
▼完成

※外壁材の状態(劣化の進行具合など)によっては、「▼高圧洗浄」「▼下地処理(補修)」の順番が逆になることもあります。

下地補修工事&コーキング工事

雨漏れの原因かと思われていた庇上部のコーキング工事を行います。

サイディング外壁と違い、モルタル外壁にはサッシ廻りにコーキングがない場合が多いです。

やはり、窓の開口部や、庇部などにひび割れや隙間ができ雨漏れに繋がることが少なくありません。

その為、コーキングを新設することを提案します。

また、ベランダ下部の欠けも塗装の前にしっかり補修していきます。

屋根漆喰のビフォーアフター

陶器瓦などによく使用されている漆喰も劣化進むと色が白から黒に変色していき硬化が進みポロポロ欠けて落ちていきます。

屋根は普段は見えないですが、定期的にメンテナンスをする事が雨漏れなどを防ぎます。

 

 

外壁塗装

アステックペイント ホワイトフィラーAで下塗りを行います。
フィラーと呼ばれる下塗材を塗布し、下地の凹凸をなめらかにします。

その後、アステックペイント シリコンREVO1000を使用し中塗り、上塗りを行います。

この塗料は「耐候性」「遮熱性」「低汚染性」をバランス良く兼ね備えた塗料です。

シリコン成分が一般の塗料の3倍含まれており、「ラジカル(塗膜を劣化させる成分)」の働きを抑制する高耐候型白色顔料を使用しているため、塗膜の劣化を抑制し高い耐候性を持っています。

付帯部塗装

破風板や、雨樋、庇、門扉などの付帯部を塗装していきます。

金属部は錆止めをしっかり塗布した上に中塗り、上塗りを行います。

また足場を組んでいるため波板の交換も行っていきます。

ベランダ防水

ベランダ防水を行っていきます。

防水工事とは雨水を遮断し、漏水を防ぐ為におこなう工事です。一般的に防水工事は屋上、ベランダ、バルコニーなどにおこなわれます。ベランダにおこなわれる防水工事を総称してベランダ防水と呼びます。
ベランダ防水工事は雨水の浸入を遮断する為に薄い防水の層を重ねて作られています。ベランダ防水工事の種類には液状の樹脂で層を形成する塗膜防水工事、シート上の防水材で層を形成するシート防水工事、液状の樹脂とシートの両方を使用して隙間なく防水する複合防水工事というものがあります。

使用塗料

今回使用した塗料の搬入写真と空缶写真です。※一部抜粋

御見積書に記載の缶数をしっかり使い切っているかを確認するため写真に残します。

最後に

モルタル外壁とは?

モルタル外壁は、セメントと砂(細骨材)と水を練り混ぜて作る外壁のことです。モルタル自体は美観に欠け、防水性能は低いため、モルタル表面に塗装を行い、防水性を持たせています。下記に塗装を行ったモルタル外壁のメリットとデメリットをまとめました。

【メリット】
・意匠性に優れいてる。
・質感がよく味わい深い仕上がりを演出できる。
・金属サイディングよりも断熱性・雨音の遮音性に優れる。

現在主流の外壁材であるサイディングボードは、決まった凹凸模様のボードを組み立てるため画一的で仕上がりが限られていますが、モルタル外壁は現場で職人により塗装材を施工していくため、自分の好みに合わせたデザイン・仕上がりを選ぶことができます。

【デメリット】
・工程が複雑で現場で仕上げるため工期が長い。
・ひび割れが発生しやすい。
・仕上がりに凹凸を付けた場合、汚れが目立ちやすい。
・セメントが主原料のため、防水性が低い
モルタルのデメリットは何と言っても「ひび割れ」が起きやすい、ということそして、防水性が低いという二点にあります。建物の動きやモルタル施工時の硬化収縮によりひび割れは必ず発生してしまいます。そのようなひび割れから水が浸入してしまうため、メンテナンスをおこなう必要があります。

モルタル外壁の劣化症状を放置すると雨漏りの危険性が高まる!
上述したように、モルタル外壁は、セメントを主原料にしているため、外壁自体の防水性が低いというデメリットがあります。そのため、塗膜が薄くなっている、剥がれ、ひび割れなどが発生していると、外壁自体に雨水が浸入してしまう危険性があります。雨水が浸入すると、建物の構造体となる木材や断熱材が腐食してしまったり、シミ・カビが発生してしまうことがあります。だからこそ、ひび割れや剥がれを見つけたら、下地補修工事を丁寧に行い、その上から塗装工事を行う必要があるのです。

どの外壁材でもメリット、デメリットがある物ですので定期的にメンテナンスを行う事が重要です。

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っております。

ご興味のある方はお気軽にお申し付けください。

塗替えイメージサンプル

2018424101851.jpg

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて (来店の場合は要予約)

相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

【株式会社DOOR】      総合リフォーム工事

【プロタイムズ阪神中央店】   塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム 

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約