Now Loading...

尼崎市S様邸の屋根・外壁塗装を行いました。屋根材はスレート瓦、外壁は窯業系サイディングです。屋根はスーパーガルテクトフッ素のカバー工法・外壁は汚れの付きにくい遮熱性を持ち合わせたシリコン塗料を使用しました。


ビフォーアフター

工事詳細

ハウスメーカー
施工箇所屋根カバー工法・外壁塗装・付帯部塗装・ベランダ防水
外壁塗装上塗り:アステックペイント  超低汚染リファイン1000Si-IR
下塗り:アステックペイント  エポパワーシーラー
屋根塗装アイジールーフ:スーパーガルテクトフッ素
付帯部塗装軒天塗装・破風塗装・縦樋・横樋・配管塗装・帯板塗装・庇・水切り金物 塗装
使用色外壁:8097 ライトラテ
  :8070 テラコッタ
屋根:SFブラウン
コーキング工事サッシ廻り・壁の目地・破風・帯 ジョイント部・樋・手摺足元、庇廻り、換気フード廻り
工事期間2021年10月18日~2021年11月18日
ご依頼のきっかけ
(お悩み事)
定期メンテナンス

工事写真

高圧洗浄

外壁塗装の高圧洗浄では、高圧洗浄機を使用して、外壁に付着した汚れや傷んだ旧塗膜などを洗い流します。

「外壁塗装に高圧洗浄は必要?」と疑問に思われる人も多いのですが、外壁塗装に高圧洗浄は必要です


仮に高圧洗浄をせずに外壁塗装をすれば…
・外壁塗装がキレイに仕上がらない
・外壁塗装が早々にダメになる
などのリスクが生じます。

屋根カバー工法

既存の棟板金などを取り除きます。

屋根は、ルーフィングという防水シートを下に敷くことで雨漏りを防いでいます。
屋根自体の劣化が少なくとも、25年程経過すると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因となるのです。

屋根カバー工法とは、簡単にいうと、現状の屋根材の上から新しい屋根をかぶせる(カバーする)工法のことです。既存の屋根の上にルーフィング(防水紙)を貼り、その上に軽い金属の屋根を張ります。

また日本では、耐久性が高く瓦よりも価格が安いという理由で、アスベスト入りのスレート屋根が広く普及していました。日本でアスベストの健康被害が取りざたされはじめたのは1970年代から。住宅建材にアスベストを使わない動きが出てきたのは2000年前後からです。

2000年頃からアスベスト入りの建材が禁止された2004年までのスレート屋根は、ノンアスベスト材への移行期でした。この時期のスレート屋根は、準備不足のままアスベストを抜いて代替品にしたため、耐久性の点で劣る疑いがあることがわかってきました。7~8年で欠けたり割れたりヒビが入ったりするものが散見されるのです。

ノンアスベストで脆弱性の問題が起きていると言われる主な商品は以下のとおりです。

  • ニチハ パミール
  • セキスイ かわらU(ノンアスベスト)
  • クボタ(現ケイミュー) コロニアル(ノンアスベスト)
  • 松下電工(現ケイミュー) フルベスト

これらの屋根に当てはまる方は、一度屋根の検査をしたほうがいいかもしれません。

コーキング工事

外壁目地や、サッシ廻りなどのコーキング打替えを行っていきます。

窯業系サイディング外壁の場合、このコーキングの打替え工事が非常に重要になります。

経年劣化によりコーキング自体が硬化し、ひび割れなどが起こってきます。

さらにひどくなると、コーキング自体が外れてしまっている場合もあります。

その隙間から雨水などが入りこみ雨漏れに繋がります。

外壁塗装

エポパワーシーラーで下塗りをします。

シーラーは塗ることにより上塗り材との密着効果を高める
だけでなく、上塗り材が下地に吸い込まれるのを防ぎます。

その後、

「超低汚染リファイン1000Si-IR」で中塗りをします。
この塗料は汚れにくく、汚れが付着しても塗膜と汚れの間に雨水が入り込み、汚れを洗い流す「セルフクリーニング機能」を持ち、長期間美しい外観を保つことが期待できます。

付帯部塗装

破風板、雨樋、帯板、雨戸などの付帯部塗装を行います。

鉄部には、錆止めを塗布し中塗り、上塗りを行います。

付帯部塗装は、外壁塗装を行うときに一緒にメンテナンスを行うのが一般的です。

足場がないと手が届かない箇所が多いので足場がある時に同時施工をする事をお勧めいたします。

ベランダ防水

ベランダ床の防水のメンテナンスを行います。

ベランダの床にひび割れや、穴がある場合は雨漏れに繋がる可能性もありますので、注意が必要です。

また、ベランダ防水も外壁塗装と同じタイミングで行うのが一般的です。

足場がないと家の中を通してもらわなければいけない場合もあります。

使用塗料

今回使用した塗料の搬入写真と空缶写真です。

見積書に記載がある缶数をしっかり使い切ります。

もし見積書に使用缶数の記載がない場合は担当者に確認しましょう。

最後に

ノンアスベストのスレート瓦について、、、

アスベストが含まれていない点では安心なものの、耐久性が低いと思われる屋根があることがわかりました。

各メーカーは自然劣化との見解を出しており、リコールは行われていません。

このような屋根が、台風などで被害を受けた場合、風災と認定されれば火災保険が使える場合もあります。ライフプランに合わせて、一度業者と相談してみてもよいでしょう。

うちの家は大丈夫?と思った方は、まずお家の図面を確認してみましょう。瓦のメーカーが記載されている場合もあります。

また、2000年頃から2004年頃に出回っているスレート瓦は注意が必要とされるでしょう。

プロでも見極めが難しいため、塗装専門店に相談することを強くお勧めいたします。

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っております。

ご興味のある方はお気軽にお申し付けください。

塗替えイメージサンプル

2018424101851.jpg

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて (来店の場合は要予約)

相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

【株式会社DOOR】      総合リフォーム工事

【プロタイムズ阪神中央店】   塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム 

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

無料相談0120-99-8258
受付時間 9:00~18:00 (定休日 日曜・祝日)
お問い合わせ 来店予約