Now Loading...

住宅の色決めはどうやってするの?兵庫県の外壁塗装業者が解説!


自分の家を作るときや外壁塗装をやり直すときに、自宅の外壁の色を何にするかは楽しみでもあり、悩ましいことでもありますよね。
なんとなく決めた色が、あとから気に入らないということになってはせっかくかけたお金がもったいないですし、住んでいてもなんとなく気が晴れないものです。
 
では、後悔のない家の色決めにするためにはどうすれば良いのでしょうか。
今回は、住宅の色とその決め方についてお伝えします。
 

・住宅の色

基本的には、皆さんがその色に対して持っているイメージが住宅の外壁塗装においてもそのまま反映されます。
青のような寒色系にはクールなイメージ、逆に赤のような暖色系には暖かみのあるイメージといった具合です。
ベージュや薄いグレーが多く、飽きの来ない薄い色が全体の傾向として多いのではないでしょうか。
 
濃い色を選択すると、日光からの熱吸収効率が高くなり、夏場の冷房代が増す可能性があるという点が薄い色が選択される一つの理由です。
機能面では熱吸収というワードが一つのポイントです。
 

・住宅の色の決め方

スタートとしては、自分がどんなイメージの家に住みたいかというところから始めることをおすすめします。
どんな色の家に住みたいかと言われると考えづらいかもしれませんが、どのようなイメージと言われると想像しやすいのではないでしょうか。
 
自然な暖かみを感じられる家、モダンな家、レトロな家などなんらかのイメージが浮かんできませんか?
お住まいの家の形からイメージをされることも可能ですし、パーソナルカラーや自分のスタンスからもそのイメージを膨らませれます。
 
また、ベースカラー、アクセントカラー、アソートカラーといったように、家の色を複数選択する際に、それぞれの色の役割を考えながら選択することもおすすめします。
単に好きな色を並べると、全体として調和の取れないバランスの悪い家になる可能性があります。
ですから、それぞれの色がお互いにどう作用するかという点を把握して決められると良いのではないでしょうか。
 
家の色とその決め方について少しでも参考になったでしょうか。
色選びは自由でありながら、バランスを決めなければいけない点で難しいものでもあります。
 
迷ったら外壁塗装業者と相談しながら選んでいくのも一つの手です。
自分の希望をしっかりと伝えて、思い通りの家にできると良いですね。
 
外壁・屋根塗装専門店DOORではお客様の外壁塗装に関するお悩みを解決します。
色選びにも真摯にお答えできると思いますので、一度ホームページからお問い合わせください。