Now Loading...

雨漏りが及ぼす被害とは


外壁の劣化を放っておいて雨漏りになってしまった

という例は実に多く見られます。



中には、少しの雨漏りだから大丈夫

と雨漏りを放置してしまっている方もいるものです。



けれども、どんなに小さい雨漏りでも放置しておくと

建物やわたしたち人間に大きな影響を及ぼしてしまうのです。



雨漏りが発生すると

湿気が多くなってしまいますよね。



そうなるとどうしても、カビの発生が見られるのです。



カビが発生すると見栄えが悪くなるのはもちろんなのですが

もっと大きな害があります。



それは、アトピーやアレルギー、さらには喘息の

原因となってしまうということです。



表面上はカビが見られなくても裏側はカビでびっしり

ということもあり得ますので、

上記のような症状が見られる場合はもしかすると

カビが原因かもしれません。



また、カビで腐食した部材には

シロアリが発生してしまう可能性があります。



シロアリは傷んだ柔らかい木材を大好物としています。



建物の重要な部分を全て食べてしまうということも

あり得ますし、とても怖いものなのです。



上記のように、雨漏りの放置は建物や人間の命に関わるものである

といっても過言ではありません。



ですから、雨漏りが見られた場合はすぐに対処するようにしましょうね。

お問い合わせ 0120-99-8258