Now Loading...

尼崎市N様邸 外装劣化診断


今回は、尼崎市にて外装劣化診断を行いました。

 

まず初めに外装劣化診断とはどのようなものなのかをご紹介させて頂きます。

 

外装劣化診断とは、『外装劣化診断士』という有資格者が行う外壁や屋根の診断の事です。

お住まいの現状を私たち専門家だけではなく、施主様にも知って頂くためにビデオカメラで屋根・外壁・屋根裏・バルコニーの診断を行います。

 

その際に、ただビデオを撮影するだけでなく診断士が素材の特徴及び現状からどのような破損に繋がる恐れがあるのか等の説明をさせて頂きます。

その撮影したビデオを施主様にテレビをお借りし、ビデオカメラに接続させて頂き、共に見て頂きます。

 

屋根裏まで診断する理由は、屋根に破損がみられなくても雨漏れしている場合があるからです。もし雨漏れしていた場合、屋根裏の野地板に雨染みができていたり、腐食が始まっておりますので屋根裏の診断もしております。

 

診断が終わりましたら、リフォーム図面を作成するためにお住まいの図面をお借りするか、もしくはコピーさせて頂きます。

 

リフォーム図面とは新築の際に作られた図面とは別に、塗装の為の図面となります。

 

外壁塗装をする際は、お住まいの開口部(窓・サッシ)は塗りませんので、㎡数を引かなければなりません。

 

なぜそこまで細かい数字を出すの?と御質問を頂きますが、塗装で必要な事は塗装の際の塗料の缶数となります。どの塗料も1缶で塗れる㎡数はメーカーが指定をしっかり出しております。ですので、お住まいにあった塗料缶数が足りない場合、仮に20年持つ塗料でもその効果を発揮できず、10年で傷んでしまうケースが全国でも数多くあります。

 

もちろん、塗料缶数が少なければ全体的なコストは下がります。しかし、家を守るためにはやはり必要なコストがかかり、なぜかかるのかの整合性が求められます。

ですので、リフォーム図面を作成し、私たちはもちろんの事、施主様にも㎡数・必要缶数を理解して頂く必要があります。

 

いつも私たちがお伝えさせて頂く例えがあります。病院をイメージして下さい。

病院に行きますと、まず医師の診断を受けます。その診断結果で適切な薬・量が渡されます。ですので、診断からリフォーム図面の作成というものは、必要となります。

 

今回の診断では、やはり普段見る事のない屋根の劣化が見つかりました。

 

お住まいが三階建ての為、屋根をしたから見ることはできません。施主様も遠くからたまに見るくらいだとおっしゃられておりました。

 

遠くから見ますと劣化していないように見えますが、今回屋根に上り診断を行いますと表面の塗装の劣化や屋根の反り、棟板金の釘の浮き、抜け等を発見致しました。

表面塗装の劣化、板金の釘の浮きなどは、雨水の侵入へと繋がります。また、屋根材が水を吸ってしまい晴れの日に乾燥し、その状態を繰り替えしますと反りへと繋がります。屋根材が反りますと、最終的には破損へ繋がり、塗装ではなく屋根の葺き替え工事を行わなければなりません。

 

また、屋根材は劣化状況により塗料を吸いますので、既定の塗料缶数で足らなくなってしまう場合があります。しっかりと劣化状況を確認し、塗料缶数を増やす必要がある場合もあります。

 

メーカーの記載でも、下塗りは十分な施工が行わなければ2回3回と行うようとなっております。屋根の傷みに合わせてしっかりとした施工が必要の為、事前の下見が重要です。

 

 

 

2018410173625.jpg 2018410173640.jpg

ボードが水を吸ったことで苔が発生したり、シーリングの硬化でひび割れができています

2018410173917.jpg

屋根材にひび割れが発生しています

 

 

外壁に関しましては窯業(ようぎょう)系サイディングボードを使用されておりました。

 

サイディングには4つの種類があり、それぞれ窯業系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディング、金属系サイディングの4つです。中でも、耐震性や防音性、耐火性、に加えデザイン的にも優れた窯業系サイディングが最も主流となっています。住宅の外壁材として主流のサイディングは他の素材と比べて費用が安く、工期が短いことや耐久性に優れていることが特徴として挙げられます。

 

今回は、サイディングボードの特徴でもありますコーキングの劣化、ボードの反りが見受けられました。

 

コーキング材が劣化し断裂致しますと、隙間からの雨水の侵入や、コーキングが受けていた衝撃がサイディングボードに走る為、ボードの割れや欠落等へと繋がります。サイディングボードが破損してしまうと、塗装での補修ができないのでボードの張替えをしなくてはならず、塗装の2~3倍の費用がかかってしまいます。ですので、定期的な点検・メンテナンスを行う事で、総合的な費用は軽減されます。

反りに関しましても、表面塗膜が劣化し素材がセメントで形成されている為、吸水してしまいます。それが夏場の膨張、冬場の伸縮によりボードの変形へと繋がります。

 

壁・屋根・お住まいの耐久年数は水が入りだした瞬間から著しく低下致します。サイディングボードの裏には防水シートが施工されている為、家の中への漏水はなかなかしませんが、家の中に漏水してしまいますと、そのもっと前から水が回っている可能性が極めて高い状態となります。

しっかりと現状の把握を行った上で施工を行いましょう。

 

もちろん工事を頼まなければならないというわけではありません。専門的な知識、しっかりとした塗料缶数、乾燥時間等を守って頂け、なおかつ劣化状況を把握している業者様であればよい工事となるでしょう。

まずはお気軽に劣化診断のお問い合わせを頂ければと思います。

 

 

 

点検箇所:外壁・屋根・屋根裏・バルコニー

実施日:平成29年12月1日

点検担当者:東山壮司

 

ご依頼のきっかけ:塗り替えセミナー

 

 

 

 

外装劣化診断報告書(※一部サンプル)

これ以外にも塗装面積の数量や図面、カラーシュミレーションなどもあります

201841017406.jpg 2018410174028.jpg

2018410174047.jpg

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

 

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/