Now Loading...

尼崎市K様邸 外壁劣化診断


今回は、尼崎市にて外装劣化診断を行いました。

 

 まず初めに、外装劣化診断とはどのようなものなのかをご紹介させて頂きます。

 外装劣化診断とは、『外装劣化診断士』という有資格者が行う診断の事です。

 お住まいの現状を私たち専門家だけではなく、施主様にも知って頂くためにビデオカメラで屋根・外壁・屋根裏・バルコニーの診断を行います。

 その際にただビデオを撮影するだけでなく、診断士が素材の特徴及び現状からどのような破損に繋がる恐れがあるのかを説明させて頂きます。

 その撮影したビデオを施主様のテレビをお借りし、ビデオカメラに接続させて頂き共に見て頂きます。

 

 屋根裏まで診断する理由と致しましては、屋根の破損はないが雨漏れしている場合があるからです。雨漏れしている場合ですと、屋根裏の野地板に雨染みが出来ていたり腐食が始まっております。ですので、屋根裏の診断も必要となります。

 

 診断が終わりましたら、リフォーム図面を作成するためにお住まいの図面をお借りする、もしくはコピーさせて頂きます。

 

 リフォーム図面とは、新築の際に作られた図面とは別に塗装の為の図面となります。

 

 外壁塗装をする際はお住まいの開口部(窓・サッシ)は塗りませんので、㎡数を引かなければなりません。

 なぜそこまで細かい数字を出すの?と御質問を頂きますが、塗装で必要な事は塗装の際の塗料の缶数となります。どの塗料も1缶で塗れる㎡数はメーカーが指定をしっかり出しております。ですので、お住まいにあった塗料缶数が足りない場合、仮に20年持つ塗料でもその効果を発揮できず10年で傷んでしまうケースが全国でも数多くあります。

 

もちろん、塗料缶数が少なければ全体的なコストは下がります。しかし、家を守るためにはやはり必要なコストがかかり、なぜかかるのかの整合性が求められます。

 ですので、リフォーム図面を作成し私たちはもちろんの事、施主様にも㎡数・必要缶数を理解して頂く必要があります。

 

 いつも私たちがお伝えさせて頂く例えがあります。病院をイメージして下さい。

 病院に行きますとまず医師の診断を受けます、その診断結果で適切な薬・量が渡されます。

 ですので、診断からリフォーム図面の作成というものは、必要となります。

 

20182113123.jpg

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根

20182113146.jpg

1回基礎と壁の取合い部コーキング

20182113421.jpg 

外壁ALCボードのコーキング目地割れ

20182113730.jpg

外壁の塗装剥離部

 

 

 

 今回の診断では、やはり普段見る事のない屋根の劣化が見つかりました。

 

  お住まいが三階建てで、ベランダから屋根に上る事が出来ませんでしたので、ポールにビデオカメラを装着しビデオカメラと携帯電話を接続することで、伸ばした先の動画を携帯電話で確認し診断を行いました。どうしても上ることが出来ない場合でも、他の方法で診断は行っております。

 

 屋根に関しましては、表面塗膜の劣化・屋根棟板金の釘の劣化が見受けられました。また屋根材の反りも数点確認されました。表面塗膜が劣化致しますと、屋根材が水を吸ってしまい吸い込んだ水が晴れの日に乾きますので変形をおこし、屋根材の反りへと繋がります。

板金の釘の劣化は、築7年以降のお住まいからよく見られる現象となります。釘はやはり鉄ですので、夏に膨張・冬に伸縮を繰り返し穴が大きくなり、釘が抜けてきます。その開いた隙間から雨水が入り、板金の錆、家の中への漏水が見られますので細かい箇所ですが、しっかりとした診断の上での施工が必要となります。

 

 今回の診断では、割れや欠落などは見受けられませんでした。

 

 外壁はALCボードを使用されておりました。ALCボードは浸水性が高い為、素材が水を吸ってしまいますと一気にボード全体へと廻りますので、防水性を保持するために定期的な塗装によるメンテナンスが必要となります。

またボードとボードの隙間をコーキングで施工している為、コーキング材が断裂するとその隙間から水が壁の内側へと入ります。ですので、塗装の際はコーキングの工事も同時に行う必要があります。

 

 今回の診断では、外壁の一部欠損、表面塗膜の劣化、コーキング材の一部断裂が見受けられました。コーキングの断裂箇所ですが、壁以外にサッシ廻りのコーキング材の断裂も数点発見されました。サッシ廻りのコーキングが断裂致しますと、サッシ廻りは水が集約しやすい箇所となりますので水が入りやすい箇所となります。ですので、そこから浸水致しますと、家の中へまで直接水が回りますので注意が必要です。

 

 今回診断をさせて頂き、緊急性を感じられました。

 

 しかし、塗装工事というものは車一台買えるような金額がかかります。診断し、必要性を感じましたら準備を始め、タイミングが来たら見積書取得・工事という流れでも大丈夫です。診断したからといって必ず工事をしないといけないわけではありません。

 まずは現状の把握、必要あるのかどうかを知るためにぜひ、ご興味ある方は劣化診断をお申込み下さい。

 

 

 

 

点検箇所:外壁・屋根・バルコニー

実施日:平成29年12月2日

点検担当者:東山

ご依頼のきっかけ:塗り替えセミナー

 

 

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

 

 

タイトルデコレーション

代表挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

タイトルデコレーション

対応可能エリア

エリアマップ

プロタイムズ阪神中央店の対応可能エリアをご案内します。
下記エリア外の隣接する地域も対応可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

兵庫県・西宮市・尼崎市・芦屋市・神戸市・伊丹市・宝塚市・三田市・川西市
大阪府大阪市(中央区・北区・住之江区・住吉区・城東区・大正区・天王寺区・平野区・旭区・東住吉区・東成区・東淀川区・此花区・浪速区・淀川区・港区・生野区・福島区・西成区・西淀川区・都島区・阿倍野区・鶴見区・西区)・箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東区・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・泉大津市・泉佐野市・和泉氏・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・河内長野市・岸和田市・泉南郡熊取町・泉南郡岬町・泉南市・泉北郡忠岡町・高石市・豊中市

お問い合わせ 0120-99-8258