Now Loading...

外装塗装の塗料を比較!ウレタンとシリコンの違いとは?


これから、外装塗装の塗り替えをしたいというお客様の中で、実際に塗料選びを自分で考えたいという方はいらっしゃるでしょうか。

そんな方がまず最初に耳にするのはウレタン塗料とシリコン塗料の二つではないかと思います。
そこで今回は、ウレタン塗料とシリコン塗料について、お互いのメリットやデメリットをあげながら比較をしていきたいと思います。

これを読めば、どちらの方がご自宅の外装塗装に向いているのかがすぐにわかると思いますので、是非一度お読みになってください!

 

■費用は?
費用といっても、足場代や洗浄代など、塗装工事には様々な費用がかかってきますので、一概に算出することはできませんが、大抵の場合、同じ単位面積での費用はウレタン塗料の方がシリコン塗料より、少しお安くすみます。
しかし、初期費用とは別で耐用年数などによって、そのコストパフォーマンスは左右されます。

そういった点で、次にあげる耐用年数をぜひ注意してご覧下さい。

 

■耐用年数
ウレタン塗料の耐用年数は、10年弱、およそ7~8年と言われています。

この寿命になると、チョーキング現象が起こるほか、ひび割れなども起こってきてしまいます。
一方、シリコン系塗料の耐用年数はおよそ10~12年です。これを先程述べました費用で割ってみると、ウレタン塗料は1年あたり10万円程度、シリコン系塗料は1年あたり7万円程度のコストパフォーマンスとなってきます。

したがって、初期費用はウレタンの方が安いものの、長期的に考えるとシリコン系塗料の方が安いということがわかると思います。

しかし、この耐用年数は環境によっても異なってくるため、目安よりも前後する可能性があるというのが真実です。

 

■見た目
では、この二つの塗料、見た目の印象はどうでしょうか。
ウレタン塗料は、塗膜が光沢、肉持ち感に溢れているため、ツヤのある高級な仕上がりにあることがよく言われます。

コストがかからない上に、このような上質な仕上がりを手に入れられるのは、とても素晴らしいことでしょう。

一方のシリコン塗料は、光沢の耐久性に定評があります。

経年劣化をすると塗料というのはどうしてもツヤがなくなってしまうものですが、このシリコン塗料はその劣化が非常に遅く、いつまでもツヤのある外見を保てるのです。
この二つの特徴、どちらが良いかはお客様のお好みと言えそうですね。

 

■まとめ
以上が、ウレタン塗料とシリコン塗料の比較になります。費用や外見などいくつかの観点を見ていきましたが、参考になるものはありましたでしょうか。

もし、もっと違いが知りたい、という方や、他の塗料についても聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談にいらしてください!

http://www.paint-door.jp/