Now Loading...

伊丹市I様邸 外装劣化診断


 

 

今回は伊丹市にて外装劣化診断をさせていただきました。

 

こちらのお住まいの外壁は、窯業系サイディングを使用されていました。

 

窯業(ようぎょう)系サイディングとは、内容成分の80%がセメントで残りの20%が繊維質や増量剤で構成された外壁材のことです。

 

サイディングには4つの種類があり、それぞれ窯業系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディング、金属系サイディングの4つです。中でも、耐震性や防音性、耐火性、に加えデザイン的にも優れた窯業系サイディングが最も主流となっています。住宅の外壁材として主流のサイディングは他の素材と比べて費用が安く、工期が短いことや耐久性に優れていることが特徴として挙げられ、現在日本の8割ほどがサイディングで施工されています。

 

注意点として主成分がセメントなので、防水性が切れると水がボードにしみこみ、夏場の膨張・冬の縮小により変形や反り、ひび割れ等を誘発してしまう可能性があります。

 

新築で建てたサイディングは工場で製造時にアクリル系の塗料で塗装されており、5~7年で表面の防水が劣化し始めます。そのため防水メンテナンスを施すことにより 吸収率を一定以下に保ち、ボードの変形や割れの原因となる雨水の浸み込みを 予防する必要があります。

 

サイディングの取り合い箇所には、コーキング(シーリング)材というものが使用されており、経年劣化による断裂・剥離が発生するとその隙間から雨水等が侵入するため、塗装と共にコーキング工事も行うと良いでしょう。

 

また、窯業サイディングボードは蓄熱しやすく、特に夏場等の表面温度は極めて高くなります。表面温度が高いということは、内部温度(室内)も上昇しやすいということです。

 

 

屋根はスレート瓦を使用されていました

 

スレート屋根とは薄い板状の屋根材の事で、粘土版岩を薄く加工した屋根材です。

スレート屋根の構造は瓦などと大きく変わらず、野路板の上に防水シート(ルーフィング)を設置して、その上に屋根材を敷きつめます。

瓦屋根との一番の違いは桟木を使用する必要がないため、防水シートを施工した後に施工ができます。

また、主成分がセメントのため素材自体に防水性がなく表面に塗装をしています。アクリル樹脂塗装がされているものが多く、こちらも耐久年数は5~7年となっています。

そのため、10年を経過するスレート屋根は防水性が切れて、色の変色、藻やコケの発生などが多く見受けられます。

 

スレート屋根は瓦屋根と異なり、定期的に塗装を行わないと「耐熱性」「防水性」等の性能を維持できなくなってしまいます。

防水性能が切れると、素材自体が水を吸水し耐久性が著しく低下します。低下すると素材自体のひび割れ、欠落、ズレ、浮き等に繋がります。また、屋根材を釘で止めてあるので釘を伝って家の中への漏水の危険性があります。

ですので、1回目の塗装時期としては10年前後を推奨させて頂いております。

 

 

今回の診断の結果、西日の影響から西面の外壁がかなり劣化しており、ひび割れが発生していました。また、表面塗膜の色あせや変色からチョーキングも発生していました。

 

201858152556.jpg 201858152843.jpg

コーキングや外壁にひび割れが発生していました

 

 

ひび割れを放置すると、ひびが大きくなってしまい、壁の欠落に繋がってしまうこともあります。

コーキングにもひびがみられ、こちらも放置すると断裂したり穴があいてしまいます。コーキングが断裂してしまうと、そこから雨水が侵入し雨漏りへと繋がります。

 

チョーキングが起こった壁は、保護されていないむき出しの状態になっているのとほぼ同じと考えましょう。防水効果も悪くなっているため、建物が雨や雪などの水分を吸ってしまいます。水分を吸ったまま日光が当たり十分に乾燥できないまま時間が経過すると、カビ、藻、コケなどの発生の原因になります。水分の吸収と乾燥の繰り返しにより、ひび割れの原因にもなります。

チョーキングは外壁塗装の塗り替えのサインと言っても過言ではありません。チョーキングを見つけたら、外壁の塗り直しを検討しましょう。

 

 

屋根は色あせと広い範囲で塗膜剥離が起こっていました。

 

201858152946.jpg 20185815303.jpg

塗膜剥離や欠け、吸水あとが見られます

 

 

数年経過すると塗膜は劣化していき、保護機能が失われるため、再度塗装をする必要があります。屋根を正常に保護できなければ、屋根・建物の劣化が急速にすすんでしまいます。

 

屋根が色褪せしているということは、塗膜が薄くなってきて塗膜中の顔料が少しずつ外に漏れ出している状態です。この時期に塗り替えを行うと屋根の劣化を抑えることができます。塗装の保護機能が少し残っていますが、そのままにしておく事はオススメしません。このような症状が出ている場合は専門家や塗装屋さんに塗り替えの時期を相談するようにしましょう。

 

 

このような劣化がなぜ起こるのかをビデオ及び直接ご説明させて頂く事により、その箇所の適切な補修が見えてきます。

この診断は無料で行っております。診断を無料で行ったら工事しないといけないのかな?と御質問を頂きますが、工事の義務は全くありませんのでご安心下さい。

まず気軽に診断を申し込んで頂き、診断の結果、工事が必要と感じた際に見積り依頼・工事依頼を頂ければと思います。

 

 どの業者に頼めばいいか分からない、知り合いにいないなどお悩みの方は、ぜひ一度劣化診断をお申込み下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

外装劣化診断報告書(※一部サンプル)

これ以外にも塗装面積の数量や図面、カラーシュミレーションなどもあります

201858154714.jpg 20185815325.jpg

 

 

 

 

 

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っておりますので、お気軽にお申し付けください

塗替えイメージサンプル

 

201842410208.jpg 2018424101851.jpg

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

 

 

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

 

・塗り替えセミナーのお申込はこちら

http://www.paint-door.jp/contents/seminar/