Now Loading...

尼崎市瓦宮N様邸 屋根・外壁塗装工事

 

  → 

 

施工箇所

屋根塗装 外壁塗装

外壁塗装

アステックペイントジャパン プラチナECコート5000EX /耐候年数18年以上(10年保証)

アステックペイントジャパン ホワイトフィラーA

屋根塗装

アステックペイントジャパン スーパーシャネツサーモF /耐候年数15~20年(10年保証)

アステックペイントジャパン サーモテックメタルプライマー 

使用色

屋根:マホガニー

外壁:スムースクリーム

コーキング工事

サイディング目地 サッシ廻り

工事期間

平成29年11月6日~平成29年11月24日

担当営業

東山

ご依頼のきっかけ

塗替えセミナー

 

201712811549.JPG 201712811653.JPG

屋根を高圧洗浄できれいにしたあと、古い塗膜や錆を落とすケレンをしていきます

201712811712.JPG 2017128112142.JPG

錆止めのグレーの塗料で下塗り後、中塗りをします

2017128112216.JPG 2017128112237.JPG

上塗りをします

201712811235.jpg 2017128113056.JPG2017128112329.JPG

使用缶

 

 

2017127164617.jpg 2017127164637.jpg

2017127164654.jpg 2017127164734.jpg

 

2017128105911.jpg 2017128114024.jpg

201712811412.jpg 2017128114134.jpg

サッシ廻りや外壁の目地にコーキングをします。

 

2017128115727.jpg 2017128153928.jpg

高圧洗浄で剥がれかけの塗料や藻、コケなどの壁の汚れをきれいにしてから塗装します

2017128155450.JPG 201712816125.JPG

下塗りの白い塗料で塗装していきます

20171281657.JPG 201712816646.JPG

中塗りをします

20171281691.JPG 201712816104.JPG

上塗りをします

2017128161041.jpg 201712816117.jpg

 

201712816254.JPG 201712816264.JPG

使用缶

 

 

 

 

今回は外壁の塗り替えを考えているが不安がある為、塗り替えセミナーにご参加された方でした。外壁は3階建て(一部2階建て)モルタルとサイディングボードの混合外壁・屋根はガルバリウム鋼板を使用されておりました。

 モルタル壁の特徴と致しましては、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜて作った裁量で施工した湿式工法(※コンクリート打ちや左官工事などがある工法)の事を言います。

 この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが実は、この素材自体の防水性能はほとんどなく、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。

防水機能を果たしている塗膜が劣化してきますと、徐々に水分を吸収し、クラック(ひび割れ)と呼ばれる亀裂が生じます。

これを長期間放置されますと亀裂からさらに水分が入り込み壁の内部を腐らせてしまうので、塗り替えやコーキングによるひび割れ補修など、定期的な点検・メンテナンスが必要です。

サイディングボードの特徴と致しましては、内容成分の80%がセメント、20%が繊維質・増量剤で構成されております。サイディングは建築の際、工期が短いことや施工性の良さ、デザイン性の良さからも、現在日本の外壁の8割近くがサイディングボードを使用しております。

ボードの注意点としましては、主成分がセメントなので塗装による防水性能が切れますと、水がボードに給水されてしまいます。その水分を、夏場の暑さによる膨張、冬場の凍結による伸縮などで変形やそり、ひび割れを誘発してしまう可能性があるということです。

新築で建てた家のサイディングボードは工場で製造時に簡易的なアクリル系の塗装がされた状態で出庫され、施工されます。アクリル系の塗料は、約5~7年で防水性が切れます。その為、防水性を保つためには定期的な塗装が必要になります。

 また、サイディングボードの継ぎ目やサッシ廻りにはコーキング材で防水されております。

これがはがれたり、破れたりすると劣化を早める要因となります。また、コーキング劣化の原因は、これに含まれる可塑剤と呼ばれる揮発性の薬品の寿命に起因しております。この寿命が約5年でなので、その時期にひび割れが起こってしまいます。

 

 ガルバリウム鋼板屋根ですが、この材質は屋根材としては最も軽く、施工がしやすく、耐震性に優れています。素材そのものの特徴柄、耐熱性と耐水性は高いですが、金属材質ですので断熱性は期待できませんので、断熱材にてその役割を担います。使用する金属が薄い場合、遮音性が低くなるので、雨や風の影響で金属板から音が発生することもあります。

 また、ガルバリウム鋼板は錆びないとお思いの方が多いですが、カット口には塗装が付いておりませんので、その箇所から錆びる恐れがあります。紫外線による反りなどを防ぐためには、塗装によるメンテナンスが必要な材質となります。

 今回、施主様は見積りを2社とられており、数値などに疑問を感じておられましたので、外装劣化診断及びリフォーム図面を作成致しました所、2社共㎡数が間違っておりました。外壁の面積は外構×高さ-開口部ですので、しっかりと図面を作ることにより、本来の塗装面積は出てきます。

 リフォーム図面を作成し、施主様のお住まいにあったご提案をさせて頂き、ご契約いただきました。

 外壁自体に大きな破損はありませんでしたが、施主様が一度ご自分でコーキングを打たれている箇所・サッシ廻り・目地のコーキングは全て打ち替え工事で行いました。

 コーキング工事の際、たまにコーキングを上から増し打ちする方もおられますが、増し打ちをしても、下のコーキング材は断裂・劣化したままですので、あまり効果が発揮できません。ですので、全て打ち替え工事を行いました。

 塗装では、『アステックペイント プラチナECコート5000』というものを使用致しました。この塗料は防水塗料と呼ばれ、伸縮性が塗料自体にある為、外壁・コーキング材が断裂しても、その断裂が表面化せず、水が家に侵入しにくい性質があります。家の傷む原因のほとんどは、やはり浸水ですので、この塗料をご提案させて頂きました。

 その外壁にあった補修・塗料があり、逆に合わない塗料なども存在致します。ですので、いかにしっかりとした知識・経験を積み、提案できるかによって、施主様の家をしっかり守れるのかが決まります。

 もし、外壁塗装にお悩みの方がおられましたら、まずはお気軽に相談して頂ければ施主様によって、よりよい施工をご提案させて頂けます。ですので一人で悩まず、ぜひ一度御相談して頂ければと思います。

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

オフィシャルH.P: http://doorinc.jp/

雨漏りHP: www.door-amamori.jp

塗装HP: http://www.paint-door.jp/