Now Loading...

伊丹市K様邸 屋根・外壁塗装工事

 

  → 

 

施工箇所

外壁塗装 屋根塗装 ベランダ防水

外壁塗装

上塗り:アステックペイントジャパン 超低汚染プラチナリファイン1000Si-IR /耐候年数15~18年(10年保証)

下塗り:アステックペイントジャパン エポパワーシーラー

アステックペイントジャパン ホワイトフィラーA

屋根塗装

上塗り:アステックペイントジャパン スーパーシャネツサーモSi /耐候年数13~16年(7年保証)

下塗り:アステックペイントジャパン サーモテックメタルプライマー(金属屋根用)

付帯部塗装

アステックペイントジャパン マックスシールド1500JY

使用色

外壁:8092 ニュートラルホワイト

屋根:9111 カーボングレー

付帯部:8092 ニュートラルホワイト

コーキング工事

ひび割れ補修 サッシ廻り

工事期間

2018年5月21日~6月20日

担当営業

小林正弘

ご依頼のきっかけ

塗り替えセミナー

 

 

 

2018723123025.JPG 2018723123052.JPG

2018723123112.JPG 2018723123141.JPG

高圧洗浄で剥がれかけの塗料や外壁表面に付着している汚れ、カビ、藻、苔などをきれいに洗い流します

壁面の汚れをきちんと落としていない状態で塗装すると、不純物が壁面に残ったままの状態になるので、

塗料がうまく密着せずにすぐに塗膜が剥がれてきてしまう可能性があります。

2018723123513.JPG 2018723123529.JPG

2018723123548.JPG 201872312366.JPG

古いコーキングを撤去し、プライマーを塗ってから新しくコーキングを打ち替えます

201872312510.JPG 2018723125119.JPG

屋根を高圧洗浄できれいにしたあと、古い塗膜やサビを落とすケレン作業を行います

2018723155820.JPG 201872316642.JPG

20187231670.JPG 201872316719.JPG

金属屋根用の下地「サーモテックメタルプライマー」で屋根の下塗りをします

201872316110.JPG 2018723161122.JPG

201872316120.JPG 2018723161241.JPG

遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」で中塗りをします

2018723161438.JPG 2018723161511.JPG

2018723161738.JPG 2018723161814.JPG

上塗りをします。お色は「カーボングレー」です

2018723123939.JPG 2018723124024.JPG

2018723124047.JPG 201872312414.JPG

2018723124216.JPG 2018723124239.JPG

2018723124255.JPG 2018723124317.JPG

外壁のひび割れをVカット施工で補修しました

 

 

2018723124744.JPG 201872312487.JPG

2018723124833.JPG

201872312490.JPG 2018723124924.JPG

2018723124951.JPG

Vカットをしたあとの外壁のパターン(模様)を復旧しました

 

2018723162813.JPG 2018723163011.JPG

2018723163350.JPG 2018723163533.JPG

外壁には「エポパワーシーラー」と「ホワイトフィラー」2種類の下地を使用しました

2018723163639.JPG 2018723163659.JPG

2018723163720.JPG 201872316385.JPG

中塗り・上塗りには超低汚染リファイン1000Si-IR」を使用しました

2018723163929.JPG 2018723163950.JPG

2018724101657.JPG 2018723164029.JPG

外壁は「ニュートラルホワイト」で塗りました

 

2018723165025.JPG 2018723165441.JPG

2018723165515.JPG 201872316577.JPG

 

201872317236.JPG 201872317258.JPG

付帯部は「マックスシールド1500JY」で、お色が「ニュートラルホワイト」で塗りました

 

 

 

 

 

 

今回は、伊丹市にて外壁及び屋根塗装工事を行いました。

 

今回塗装を行ったお住まいはモルタル壁・屋根は金属屋根(ガルバリウム鋼板)となっておりました。

 

モルタル壁は砂とセメントを水で練り混ぜ壁に左官で仕上げる昔から使用されている壁材となります。

この壁は主成分が砂とセメントとなりますので、素材自体に防水性能が全くなく、塗装による塗膜がなくなってきますと吸水する性質にあります。

 

日本では1990年以前に戸建ての家によく採用されていました。現在は、新築の一戸建てには窯業(ようぎょう)系サイディングが主流になっており、モルタル壁が採用されることは少なくなっています。

 

モルタル壁は意匠性に優れ、深い味わいのある仕上がりになり、窯業系サイディングのように外壁同士の継ぎ目(目地部分)がなくコーキングの補修が不要といったメリットがあります。

 

今回のお住まいでは、一部大きな横のひび割れが発生しておりました。

 

ひび割れにもいくつか種類があり、構造クラックは建物の壁や基礎部分に生じるひび割れの一種で、建物の安全性に影響を及ぼす危険性があるクラックのことをいいます。

 

幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のクラックを「構造クラック」それ以下のものは「ヘアクラック」と呼ばれます。

 

ヘアクラックの原因は表面素材が経年による乾燥などの影響で発生する表面的なひび割れです。ひび割れも狭く奥行きも浅いので、外部からの雨水などが内部へ侵入しない程度のひび割れで補修の必要はありません。

 

構造クラックの原因は、表面からではなく内部側からの影響でひび割れが発生します。

 

つまり建物の構造(骨組み)からの影響になります。構造クラックが生じた場合は、放置すると基礎の強度が低下してしまうため、必ず補修しなければなりません。

 

 

ひび割れが横にできてしまうと、雨が降った際雨水の影響を面で受けてしまいますので、家の中への漏水のリスクがかなり高くなってしまいます。縦のひび割れですと雨水の影響は点で受ける形になりますので。それほどのリスクはありません。

 

だからと言って縦のひび割れを放置しますと、その箇所から壁の欠落や横のひび割れを誘発してしまいますのでしっかりと補修が必要にはなります。

 

今回の施工では、ひび割れに対して、Vカット施工を行いました。Vカット施工を行う事で、ひび割れの奥まで補修ができますので、その箇所の剥離などのリスクを下げることが出来ます。

 

小さなひび割れなら表面にコーキングだけで問題ありませんが、ひび割れの幅・長さ・深さをしっかりと見極め、必要な施工を行いましょう。表面をモルタルで仕上げ、補修材を使用することで完璧には無理ですが、極力補修箇所が目立たないようにすることが出来ます。

 

外壁に使用した塗料ですが、下塗り材は2種類使用しました。

【アステックペイント エポパワシーラー】と【アステックペイント ホワイトフィラー】を使用しました。

 

シーラーを使用することで、外壁に下塗り材を吸わせ、砂の剥離等を押さえる施工を行い、その後フィラーを使用することで、表面の細かな穴(ピンホール)を埋め、接着性を上げるのが目的となります。

 

上塗り材は、【アステックペイント 超低汚染プラチナリファイン1000Si-IR】という塗料を使用致しました。

 

この塗料は多機能性で汚れが付きにくく、防カビ性・防藻性、弾力性、遮熱性がある多機能の塗料となっており、美観性を長く保ちたい方にお勧めの塗料となります。

耐用年数としましては、約15~18年(メーカー出し)の塗料となりますので、長期にわたり家を守ることが出来る塗料です。

 

また施主様は今の色合いを気に入られており、普通ですと塗装を行いましたら家に艶が出る『艶有』塗料を使用されますが、艶のない家に仕上げるために今回は『三分艶』を使用しました。

 

こちらの塗料を使用する場合、艶消し材という材料が含まれますので、元来の艶有塗料よりは少し耐用年数が下がります。施主様にもご理解頂き、使用しております。

 

屋根に関しましては、金属屋根(ガルバリウム鋼板)を使用しておりました。

 

ガルバリウム鋼板とは主にアルミと亜鉛で構成された鋼板のことで、表面はメッキ処理がされています。

耐錆性に優れていることに加えて施工性もよく、多くの住宅や工場などの建築物で用いられており、屋根だけではなく外壁(金属サイディング)にも使用されています。

 

ガルバリウム鋼板には、一旦サビた部分に表面塗膜の亜鉛が反応し、溶け出してサビを包み込む「犠牲防食機能」と呼ばれる「それ以上サビが悪化しない働き」をする特徴があります。また、折り曲げや切断にも非常に強く、簡単に加工できる素材であることから、様々な屋根に対応出来ます。

 

金属屋根という事で、近年の屋根材でも最軽量の屋根材となります。耐震性にとてもよくすぐれており、また瓦などと違いズレの心配がありませんので、雨仕舞にも強い屋根材となります。

反面、素材自体が薄いものを使用しますと断熱性・遮音性が弱点となります。ですので、金属屋根の素材に断熱材が付いているようなものも存在します。

 

耐錆性に優れてはいますが、やはり金属なので経年劣化でサビは発生してしまいます。ですので、サビが発生する前に塗装を施すなど余裕を持ったメンテナンススケジュールを検討しておくことをお勧めします。

 

 

この屋根材は耐久性の高いフッ素加工のものが多く、今回の診断でも特に劣化は見られませんでしたが、施主様からどうせ壁の塗装を行うのであれば一緒にやろうと仰って頂きましたので、屋根の塗装も行いました。

 

2階が熱いとのことでしたので、今回は『アステックペイント スーパーシャネツサーモSI』という塗料を使用しました。

 

遮熱効果のある塗料で、耐用年数10~15年(メーカー出し)の塗料となります。

 

遮熱効果のある塗料を使用したからと言って劇的に家の中が涼しくなることはありません。遮熱の一番の目的としては、素材自体の蓄熱を押さえることになります。そのうえで家の中が涼しくなればなおよいという考えで使用して頂ければと思います。

 

塗装工事を行う際に他にも気になるところがございましたらお気軽に御相談ください。

お悩みの方はぜひ一度ご連絡ください

 

 

 

 

 

 

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っておりますので、お気軽にお申し付けください

塗替えイメージサンプル

 

201842410208.jpg 2018424101851.jpg

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

設計事務所・ショールーム

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

・塗り替えセミナーのお申込はこちら

http://www.paint-door.jp/contents/seminar/